総量規制を知っておく

個人がカードローン業者から借金をする場合には総量規制のことを必ず頭に入れておきましょう。総量規制というのは2010年6月に施行された改正貸金業法において、個人の借入総額が原則年収の1/3に制限される仕組みです。

 

貸金業者が無造作に貸し付けることで返済が出来ず、自己破産に陥った人が続出したことを受け、過剰貸し付けを押さえるために導入された仕組みですが、これによって個人が借りられる金額の上限値は、かなり低くなりました。

 

総量規制の対象となる業者とは?

この総量規制について重要なことは規制の対象となっている業者です。総量規制というのは消費者金融会社、クレジットカード会社、信販会社などのノンバンク業態における個人向けのローン・キャッシングが対象であり、銀行系のカードローンは対象外です。

 

カードローンといっても信販系と銀行系の2つに分かれますが、前者は総量規制の対象、後者は対象外です。そのため、銀行系のカードローンには年収の縛りはありません。

 

銀行系なので審査は当然厳しいのですが、法律の縛りがないので状況次第では年収の1/3を越える借り入れも可能です。特に収入が安定していて、今回は初めての借り入れという人は交渉の余地があります。

既に消費者金融などで限度額まで借りてしまっているという人にとっても、銀行系のカードローン、特におまとめローンは状況改善につながる可能性が大です。

 

銀行系には総量規制の縛りがない

いずれにしても消費者金融や信販会社、クレジットカード会社のカードローンと銀行系のカードローンは別物というふうに捉えておきましょう。貸し出し条件等で大きな差があります。一般的には銀行系のほうが借り手からすると有り難い条件となっていますが、その分借りにくいという現実があります。

 

だからこそ銀行系には総量規制という縛りがないわけですが、両系統の違いを把握して、状況に応じて適切なものを選択する必要があります。このことを忘れないようにしてください。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ