カードローンの審査に通るポイント

カードローン業者というのは、審査時に下記の3点を重視します。これらをクリアすることがスムーズに融資を受けるコツです。

    カードローン業者の審査ポイント

  • 信用情報
  • 属性スコアリング
  • 在籍確認&在宅確認

 

カードローン審査ポイント1:信用情報

申請を受けたとき、カードローン業者が実行する最初の審査が信用情報の確認です。

 

現在、他社を利用していないか?
利用している場合、借り入れ件数はどれくらいになるのか?
過去に何度カードローンを利用したことがあるか?
支払い状況はどうか?

 

こういったことがチェックされます。

 

目的は借金返済能力の確認です。他社からの借入額が多かったり、過去に借金の返済に遅れたことがある人は返済能力が低いと判断され、審査に落ちてしまう可能性があります。

 

ちなみに、カードローン会社の審査基準として、1つの会社から多額のお金を借りている人よりも、小額でも複数の会社から借入れをしている人のほうが、評価が低くなるといわれています。

 

複数会社を利用していることは、『他の会社を利用しなければ、お金が借りられなくなった』=『借り手からの信用が低い』という判断になってしまうからです。

 

そのため、借入額を増やしたい時には、新規ではなく既存の業者に増額申請をしたほうが、信用情報という点ではプラスになります。

 

一度利用限度額が設定されると、それ以上は無理なように感じてしまいがちですが、借り入れと返済の実績を作れば、増額の可能性は高くなります。また、それを繰り返していけば、重要顧客として金利が優遇されることもあります。新規で借り入れを行うよりも、メリットは大です。

 

新たにお金が必要になった時、安易に借り入れ件数を増やしてしまいがちので、このことは知識として覚えておきましょう。

 

カードローン審査ポイント2:属性スコアリングの設定

属性スコアリングというのは、収入や年齢、職業などを踏まえて、どれだけお金を貸しても大丈夫なのかということを決める審査ポイントです。属性スコアリングには、数多くのチェックポイントがあります。

 

    属性スコアリングの項目

    生年月日・年収・加入している保険種別・他社借入・勤務先・勤続年数・居住形態

 

在籍確認と在宅確認

最後の審査ポイントが在籍確認と在宅確認です。チェックする理由は至ってシンプルで、登録した情報が最終的に間違っていないかを確認するためです。在籍確認と、在宅確認はカードローン業者から電話で実施されます。

 

ただし、これによって、カードローンを利用することが他人にばれることはありません。プライバシーを守るために、カードローン会社は知人を装って、電話をかけてきます。家族や勤務先の人には、絶対にわからないように連絡をしてきます。

 

私自身、過去借り入れをした時、家族にバレることはありませんでした。ただ、個人的な意見としては何度も借り入れを行っていれば、バレることもあると思います。

 

在宅確認のやりかたは、どの業者も一緒です。だいたい女性スタッフが電話をかけるのですが、知らない女性から『○○さんはいますか?』という電話が何度も頻繁にかかってくるようだと、変に思われても仕方がありません。

 

特に、今まで借金で周囲に迷惑をかけたという人の場合、周りも敏感になっているので、なおさらです。このあたりが心配な人は業者に『こんなふうにかけてください』とお願いしておいたほうがいいでしょう。

 

これらの審査ポイントを通過すれば、無事に借りることができますが、重要なことは審査の基準が業者によって違うということです。基準が厳しい業者もいれば、甘い業者もいますので、状況にあわせて利用するカードローンを決めるようにしましょう。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ