カードローン地獄から抜け出すには?

カードローンからの借入額が膨らんでしまい、返済の目処すら立たなくなってしまった・・・

 

カードローン地獄に陥ってしまったと気付いたのであれば、今すぐ、そこから抜け出すための行動をとるべきです。

 

そのための対処法ですが、現実的な対応としては、新たな借り入れをしない、金利が低いところに借り換える、カードローンを一本化する(いわゆる『おまとめローン』を利用する)といったことをして、毎月の返済負担を減らすことです。

 

借り換えが出来ない(審査に通らない)、借り換えをしたとしても、毎月の返済負担に耐えられないという場合には、いさぎよく債務整理・自己破産といった法的手続きを取るべきです。何とかなるだろうとズルズル行くのが一番ダメです。

 

ここまでが理屈の話です。

カードローン地獄は理屈では抜け出せない場合がある

上記のような対処策で、状況を改善できるのであれば問題ありません。

 

しかし、全ての基本である『新たな借金を作らない』という根本のところでつまずく人は少なくないと思います。それが出来るぐらいであれば、カードローン地獄に陥ることなどないでしょう。

 

私自身、多重債務者だった経験がありますので、敢えて言いますが、借金を抱えた原因がショッピングやギャンブル、交際費といった浪費である場合、精神的な問題を抱えている可能性があります。

 

精神病とまでは言いませんが、『買い物をしているときだけ、幸せを感じる』、『寂しさやむなしさを紛らわすためにパチンコをする』、『理由は分からないけど、お金を使わずにはいられない』とふうに、心理的に満足出来ない自分を満たすために浪費に走っているとしたら、これは健康な心の状態とは言えません。

 

本当に心から楽しくてショッピングやギャンブルをしているというのであればいいのですが、借金を抱えてしまうぐらい、お金を使うことに歯止めがきかないというのは、立派な心の病気です。それ改善しない限り、根本的な解決にはなりません。

 

仮に、何とか借金を返済出来たとしても、すぐに逆戻りになる可能性がありますし、そもそも、先ほど書いたように、カードローン地獄といったにっちもさっちもいかない状態になっても、浪費を止められなければ、状況改善も何もありません。

 

カウンセリングサービスを利用して、カードローン地獄から抜け出す

心の問題を解決するには、カウンセリングサービスを受けるのが一番です。一昔前はカウンセリングというと変なイメージでしたが、ギャンブル依存症、買い物依存症という言葉があるぐらい、今は心の問題というのは世間的に認知されています。決して変な目で見られることはありません。

 

インターネットで検索すれば、専門のカウンセラーをみつけることができますし、地域によっては支援してくれるボランティア団体をみつけることもできます。理性で自分をコントロールすることが出来ない人は、こういった専門家のサポートを受けたほうがいいです。

 

『浪費はやめなさい』、『新たな借金を作るのはやめなさい』と言われて、止められる人は問題ありません。借り換え・債務整理といった対処策を実行すれば、自力でカードローン地獄から抜け出せます。

 

しかし、それが出来ない人は自分一人で、どうにかしようとは思わないことです。心のプロの助けを借りましょう。

 

下記サイトに依存症の自助グループ、リハビリ施設の一覧が公開されているので、合わせて参考にしてみてください。
http://www.geocities.jp/demekinngyo7/L22.htm

 

カードローン地獄から抜け出したいと本気で思うのであれば、自分一人で解決しようとは思わないことです。厳しい言い方ですが、自分一人で対処できるのであれば、ここまでの状況に陥ることはありません。他人の助けを借りましょう。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ