実際、カードローンでどれくらいまで借りられるの?

総量規制対象のカードローンは年収の1/3までしか借りられない。 では、総量規制対象外のカードローンであれば、どれくらいまで借りられるのか?

 

お金を借りる立場の人間としては、気になるところですが、幾らでも借りられるということはありません。現実的には、1/3を越える金額の借り入れ申請が通るのは難しいと思います。

 

カードローンで年収の1/3以上の借入れをするのは厳しい

総量規制対象外のカードローンというのは、銀行が直接する融資するタイプのローンですが、元々、銀行は融資に慎重です。審査基準も厳しいです。下手したら1/3どころか、1/10も借りられないかもしれません。

 

だからこそ、消費者金融のような金融業者が存在するわけです。銀行の審査が厳しいというのは、今も変わっていません。

 

たとえば、三菱東京UFJ銀行のカードローン、『バンクイック(BANQUIC)』を申請する時には、借り入れ額に関わらず収入証明が必要です。それは収入を審査基準とする証拠であり、そこまでする以上、借入枠の設定が甘いということはあり得ません。

 

また、みずほ銀行のスーパーローンでは、200万円以下の借り入れであれば収入証明の必要はありませんが、保証会社であるオリコの審査をパスする必要があります。

 

信販会社の審査というのは、クレジットカード審査のようなものです。今はクレジットカードの審査は厳しくなり、与えられる与信枠は収入の数分の一です。それを考えると、スーパーローンの貸付枠というのも、おおよそ推測が出来るというものです。

 

不動産を所有しているといった恵まれた状況にない限り、年収の1/3というのは、総量規制対象外のカードローンであっても、妥当なラインと考えていいでしょう。

 

総量規制対象外のカードローンのほうが借りにくい

総量規制という仕組みをみると、『まずは総量規制の対象となるノンバンク系の消費者金融から借りて、規制に引っかかったら、対象外のローンから借りればいい』というふうに捉えがちです。

 

しかし、現実的には銀行で借りられないような人が消費者金融から借りるというのが流れです。消費者金融から年収の1/3に相当する借金をしている人が、銀行のカードローン審査を通過するというのは厳しいと思います。

 

そもそも、なぜ総量規制という制度が生まれたかといえば、それは無造作にお金を貸し付ける業者に対する締め付けを行うためです。銀行系のカードローンが対象外となっているのは、元々、貸し付けの審査基準が厳しく、規制をかける必要がないからです。

 

自分が借りられる額は、収入の1/3まで。そんなふうに捉えておいたほうが無難です。総量規制対象外である銀行のローンを頼れば何とかなるとは考えないことです。

 

ただし、銀行の『おまとめローン』に関しては別です。借金返済を目的としている性質のため、審査は緩めです。年収の1/3程度を借り換えるというのであれば、まず大丈夫でしょう。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ