銀行系カードローンと銀行のカードローン

ややこしい話なのですが、銀行系のカードローンと銀行のカードローンは別物です。前者は総量規制の対象、後者は対象外であり、借り手からしてみると、この違いは極めて重要です。

 

三菱東京グループのカードローン

 

銀行のカードローンというのは、その名の通り、銀行が直接、貸し出しを行っているローンです。三菱東京UFJ銀行の『バンクイック』、みずほ銀行の『みずほ銀行カードローン』といった大手都市銀のローン、もしくは楽天銀行や住信SBIネット銀行といったネットバンク系のローンなどです。

 

繰り返しになりますが、これらのカードローンは総量規制の対象外です。総量規制というのは、貸金業者を対象したものですが、銀行は貸金業ではないからです。

 

銀行系のカードローンというのは、アコムのように大手銀行グループの傘下にある消費者金融です。銀行系とは言っても、消費者金融なので総量規制の対象となります。

 

ちなみに、アコムは三菱UFJ銀行系です。三菱東京UFJ銀行は自社でも直接、ローンを貸し出しているのに、傘下に別の貸金業者も抱えています。

 

ここがややこしいところですが、業界再編などの流れで、こんな体制になっています。

 

利用者としては、銀行系カードローンといっても、銀行のカードローンとは別物であるという認識を持っておきましょう。

 

銀行と銀行系、どちらのカードローンは借りやすい?

ところで、三菱東京UFJ銀行のカードローンとアコムのカードローンは、どちらが借りやすいと思いますか? どちらも一緒のグループです。

 

銀行系のアコムと答える人が多いと思いますが、正しい考え方です。銀行は元々、融資に厳しく、銀行の審査に通過出来ない人の借入先として出てきたのが、アコムのような無担保の消費者金融です。

 

当然、審査基準は銀行より緩いので、借りやすいというわけです。

 

そのかわり、金利が高めに設定されているため、返済負担は銀行のローンよりもキツクなります。ですから、お金を借りる時には、まずはダメ元で銀行のローンに申し込みをして、そこで融資を受けられなかったら、消費者金融に行くというのが鉄則のパターンでした。

 

ですが・・・

 

消費者金融は銀行の傘下になるようになってから、状況が変わってきました。下手したら、銀行のローンのほうが借りやすいという逆転現象が起きつつあります。

 

この点について、興味深い記事がヤフーニュースに掲載されていました。

 

詳しくはこちらから
銀行のカードローンは審査が緩くなってきている?

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ