カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングというのは、似ているようで大きな違いがあります。現金の借り入れが目的であればカードローンを利用すべきです。キャッシングは向いていません。

 

言葉の定義ですが、クレジットカードについている現金を引き出す機能がキャッシング、現金の引き出しそのものを目的とするのがカードローンです。

 

クレジットカードというのは、買い物をする時に現金の代わりとして支払いに利用するものであり、現金を借りるためのカードではありません。ただし、ニーズがあるため現金を引き出せる機能もついており、それをキャッシングと呼んでいます。ちなみに買い物の支払いに利用するのはショッピング機能です。

 

カードローンは、最初から現金を貸し出すために発行されるカードであり、ショッピング機能はついていません。(たまにショッピング機能がついているカードもありますが例外です。)似ているようで大きな違いがあると最初に書きましたが、お金を借りるのであれば基本的にはカードローンのほうがオススメです。断然、金利が安くなるからです。

 

カードローンとキャッシングの金利差

キャッシングの金利は年利18%です。利息制限法の上限値です。カードローンも借入額が50万円以下の場合、18%に近い数字になりますが、借入額が多ければ多いほど金利は安くなります。200万円ぐらいになると10%を切るのでキャッシングの半分です。

 

それに加えてクレジットカードのキャッシング枠は、今では厳しい制限がかかっているため、それほど大きな金額は引き出せません。ショッピング枠が50万円だとキャッシング枠は10万円といったところです。

 

私は仕事でもカードを利用しているので、今はショッピング枠400万円のクレジットカードを所有していますが、それでもキャッシング枠は50万円です。キャッシングは現金の借り入れに向いてはいません。

 

返済方法についても、クレジットカードのキャッシングは利用月の翌月、もしくは翌々月に一括払いが基本です。リボ払いのような毎月一定額を支払う設定もできますが、カードローンと比較すると、一回あたりの支払額は多めです。

 

元々、キャッシング機能は、あくまでも急に現金が必要になったときに利用するためのものです。銀行に行こうにも閉まっているといったケースです。(今はコンビニで24時間現金を引き出せる時代なので、あまり意味はなくなりましたが。)

 

お金が足りない人が不足分を補うために借りることを目的としたカードローンとは立ち位置が違います。当然、カードローンのほうがお金の問題を抱えている人向けに作られているので、返済方法などもクレジットカードより緩めです。

 

カードローンとキャッシングの利用方法

借りる必要がある金額が1万、2万円といった少額であれば、わざわざカードローンを新規契約するのも面倒なのでクレジットカードのキャッシングでいいと思います。

 

しかし、ある程度の金額をまとめて借りるというケースでは、カードローンを利用したほうがお得です。利用状況に応じて適切な選択をするようにしましょう。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ