総量規制からみえるカードローンの返済がキツクなる時

総量規制というのは、カードローンや消費者金融からの借入限度額を年収の1/3までとする法律です。色々と細かい決まりがあるのですが、今回の話の趣旨とは関係がないので、とりあえず大まか基準だけお伝えしておきます。

 

総量規制が導入される前は、これ以上の金額を借りることが出来ました。私自身、年収を若干上回る金額まで借りることが出来ました。最終的には消費者金融の借り入れ審査に落ちるまで、新規の借り入れを続けていましたが、年収に匹敵するぐらいの額であれば、審査に通っていたということです。

 

しかも、1年ぐらいの短期間で立て続けに申込をしていたので、当時の消費者金融、カードローンの審査がいかに甘かったのか分かります。

 

もしかしたら、この話を聞いてうらやましいと思える人もいるかもしれませんが、そう感じるのは間違いです。年収の1/3というのは理屈で考えると妥当な数字で、この基準を上回るような額をカードローンなどで借りたら、まず返済不能になります。

 

カードローンで年収の1/3以上の借金をしたら自己破産

年収の1/3というのは、年収300万円の人が100万円の借金をするということです。カードローンのような金利の高い消費者金融でお金を借りたら、毎月の返済額は3万円ぐらいになります。(それが5年間続きます。)

 

年収300万円ということは、月収に換算すると25万円です。そのなかで毎月3万円が越えるというのは、結構厳しいのではないでしょうか。実家であればともかく、一人暮らしだとしたら、相当大変です。

 

それでも3万円だったら、まだいいかもしれませんが、これが5万、6万となったらアウトですよね。借金を返済したら何も残りません。こんな状態を5年も続けるのは無理です。実際、総量規制がかかる前は、さらに借入額を増やして、どうにもならなくなり自己破産というのが典型的なパターンです。

 

要は年収の1/3というのは、借金を地力で返済出来るギリギリのラインというわけです。

 

カードローンで年収分の借金をした人間の悲惨な生活

私は年収を超える額の借金をしましたが、返済中の生活は悲惨なものでした。当時の私は実家に住んでたうえ、給料は比較的良い状態。(40万円ぐらいありました。) さらに副業にも取り組み毎月数万円の収入がありました。

 

普通のサラリーマンならウハウハ状態ですが、このうちの30万円以上が借金の支払に消えていきました。給料日にATMでお金をおろしたら、そのまま隣の無人機にいって、そのまま入金する。こんな生活が1年以上続きました。

 

しかも、当時は金利が29.8%と今より高かったため、半年ぐらいは返済額の9割近くが利子。必死で返済しても元金は数万円しか減らず、完済する日がくるなんてイメージ出来ませんでした。

 

それでも1年も返していると元金も減るし、金利の安いカードローンに一本化することで、返済額はかなり減って、自分のことにお金を使える余裕が出てきました。それでも毎月10万円近くは返済に回っていました。

 

私は旅行や車、スキューバダイビングが趣味だったのですが、こんな状況では、こんな遊びが出来るわけがありません。女の子と遊びに行くお金すらなく、ずっと彼女なしでした。

 

自己破産せずにいられたといっても、これでは何のために生きているのか分かりません。そういった意味で、カードローンから借りる額というのは、押さえておかなければいけないと強烈に思います。総量規制の1/3というのは、これぐらいの借金であれば、返しながらまともな生活が送れるラインなので、妥当だと思います。

 

1/3以上を借りれるカードローンがあっても利用しない

今は私は借金をしていないので分からないのですが、収入の1/3を越す金額を貸してくれる業者も存在すると思います。論外かもしれませんが、闇金という存在もあります。

 

ただし、仮に収入の1/3以上を貸してくれるカードローンがあったとしても、絶対に手を出さないでください。このラインを越えたら、自力で返済していくのは難しくなり、自転車操業に陥る可能性があります。

 

自転車操業というのは、借金を返すことが最大の目的となる生活状態です。こんな人生を送っても意味がないですよね。大変かもしれませんが、どうしてもお金が必要という時には、カードローンという選択肢ではなく、他の手段を検討すべきです。

 

カードローン自体は決して否定しません。私自身、利用者だったので有り難さ、便利さも実感しています。しかし、依存しすぎるのはよくありません。よくよく注意しましょう。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ