金利が低い業者を利用する

カードローンを利用する場合には金利に注目!! 必ず金利が安い業者に申し込むようにしてください。お金を借りる時には、これが全ての基本です。

安い・高いと言っても数字としては2~3%ぐらいの違いしかないので、あまり変わらないように思えるかもしれません。でも、その僅かな違いが借り入れ後に大きく響きます。毎月の返済負担額が全然違ってくるからです。

金利には絶対にこだわってください!!

カードローンの世界は大きく変わりました。一昔前は返済方法、年利(利子)が全て横並びで、正直どこから借りても一緒でした。

10年前、私が借金をしたときには、選択の基準となるのは家の近くに借り入れ申し込みが出来る無人機があるかどうかでした。(家の近くにあるところから申し込みをしていました。)それぐらいしか判断材料がなかったからです。

しかし、今では業者によって年利に差が生じるようになってきました。これは重要なことです。金利というのは1%、2%といった違いでも実際の返済額に大きな差が生じます。返済の負担も変わってきます。

幸いなことに年利の安いカードローン会社はSBI(ソフトバンク系)、楽天銀行など信頼性の高い大企業なので安心して申し込むことが出来ます。

同じ借り入れをするのであれば、条件が有利なところから借りるべきです。是非、年利の低い業者を選択して申し込むようにしましょう。

金利が低いオススメカードローン会社

『1』住信SBIネット銀行

ソフトバンク系のネット銀行によるカードローン。プレミアムコースとスタンダードコースの2種類があり、プレミアムコースであれば適用金利が3.5~10.0%と、かなり低めです。

個人が利用出来る無担保のカードローンで、これだけ金利が低いところはありません。

当然、審査基準は厳しくなりますが、仮にプレミアムコースがダメだった場合でも、スタンダードコースの金利も14.8%なので、他の業者よりも低めです。

プレミアムコースの審査に通らなかった場合、自動的にスタンダードコースに切り替わるという形式の申し込みも出来ますので、まずはダメ元でプレミアムコースで申請してみましょう。

金利10%であれば返済が、かなり楽です。

 

『2』楽天銀行

借入額100万円以下の時で金利が14.5%。収入証明書の提出が不要、申し込みも全てネットで完結するので、手続きが簡単です。(申込書を郵送するといった必要がありません。)

こういった利便性はネットバンクならではです。

 

『3』その他の業者

ひいきをするわけではありませんが、住信SBIネット銀行と楽天銀行が第一候補と考えて問題ありません。

まず、この2つの銀行に申し込みをして、さらに必要がある場合には、他の業者を考えるということでいいと思います。 金利が低いカードローン業者の一覧を下記のページにまとめてありますので、参考にしてみてください。

金利の低いカードローン会社一覧

ちなみに住信SBIネット銀行と楽天銀行は共に総量規制の対象外なので、この点も有利です。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ