クレジットカードのキャッシング枠は最後までとっておく

これはあまりいい仮定の話ではないのですが、どうしても複数の業者から借り入れをしなければいけない時、少しでも借り入れ額を確保するための手段として、クレジットカードのキャッシング枠は使わずに残しておくことをオススメします。

消費者金融やカードローンでの借り入れを検討する時点で、あなたがクレジットカードを所有している場合、これは最後まで残しておきましょう。キャッシングを利用することで信用枠が減り、借り入れに制限がかかる可能性があるからです。

一方、カードローンなどで新規の借り入れを行っても、カードのキャッシング枠は、すぐには変更されません。借入額が多くなればキャッシング枠が減ることもありますが、私自身の経験では、結構緩やかです。

借り入れをすることで新規でクレジットカードを作ることは厳しくなりますが、既に所有しているカードの信用枠については、それほど影響を受けません。

そのため、今持っているカードのキャッシング枠は新規の借り入れが出来なくなった時の最後の切り札として確保しておきましょう。

また、可能であれば、月1万円、2万円といった金額でいいので、クレジットカードのショッピング枠を使うようにしましょう。少額でもいいので使用しておけば利用実績がつくので、信用力がアップします。

もちろん、延滞せずに毎月キチンと返済するのが条件ですが、負担にならない範囲内で利用しておくと、いざという時に助かります。公共料金をカード払いにするといったこともアリです。

借り入れができないといった状況にならないように心がけることが重要なのですが、最悪の状況に備えることも同じように重要です。そのための1つの手段としてお伝えさせて頂きました。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ