借り続けることで金利が優遇される

『少しでも低い金利でお金を借りたい』

カードローンで借り入れを考えている人にとっては、これが本音だと思います。借入額が数十万円となると僅かな金利差が返済額に大きな影響を与えますから当然のことです。

昔はカードローンの金利は全ての業者が横並びでほぼ同じだったのですが、今は消費者金融にも競争の原理が発生して、業者間に差が生じています。

金利の安い業者を探して借り入れを申請する

まずは、これが借り入れ金利を低く抑えるための基本です。

こちらのページ【低金利のカードローン】で、金利が低いカードローンを紹介していますので、参考にしてください。

それとは別に金利を押さえる方法として、1つの業者で借り入れを繰り返すというやりかたがあります。

たとえば、Aという業者で50万円の借り入れを行い、10万円を返済したとします。この時点で残額は40万円となりますが、カードローンの場合、通常であれば10万円分の借入枠が存在しているはずです。

50万円の限度枠内であれば、返済分は新規で借り入れ出来るのが一般的なカードローンの仕組みです。

もし、新たにお金を借りる必要が出てきた時、別の業者Bに新規で申し込むより、Aのカードで再度借り入れを行います。

これを繰り返すと、借り入れ回数が増えますが、これは実績が増えるという意味です。その都度毎月遅れることなく返済を続けていれば、優良顧客とみなされ、金利が低くなったり、限度枠が増額されるといった優遇措置を受けやすくなります。

このあたりはクレジットカードの信用枠と全く一緒です。

返済に滞りがないというのが前提ですが、個人の信用枠というのは使えば使うほど増えます。逆に言えば使わなければ何も変わりません。

無理に使う必要はありませんが、使う機会が生じたのであれば賢く使いましょう。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ