本気で借金を返済しようと思ったら『おまとめローン』 | カードローン活用ガイド

借金が膨らんでしまったが、心を入れ替えて、これから本気で完済を目指したい

そう思ったら、最初に考えることは『おまとめローン』の利用です。おまとめローンというのは、銀行が多重債務者に対して低金利で融資を行っているローン商品です。

借り手は、自分が抱えている借金総額に相当する額を銀行から融資してもらい、そのお金で借金を返済します。その後は、おまとめローンの返済だけ行えばいいという仕組みです。

おまとめローンの毎月の返済額は、通常の借り入れより低めに設定されているので、毎月の返済負担が軽くなります。金利も通常のカードローンより低めなので、総額の支払額も押さえられます。

それに加えて、これまで複数の業者に対して行わなければいけなかった支払い処理が、1回で済むようになります。銀行によっては、口座からの自動引き落としにしてくれることもあるので、支払いの手続きは楽です。

毎月、複数の支払い処理をするのは、やってみると分かりますが大変です。それがなくなるのも、おまとめローンのメリットの1つです。

銀行というと審査が厳しいのではと思われるかもしれませんが、元々、多重債務者をサポートするためのローンなので、審査は緩めです。

もし、審査に落ちたという場合、原因は借り入れ件数にある可能性が大です。同じ多重債務者といっても、借り入れ件数3件と10件の人間では印象が違います。

あまりにも借り入れ件数が多いと、『本当に借金を返す意志があるのか?』と疑われてしまいます。おまとめローンの審査に落ちてしまった場合には、借り入れ件数を減らすことを最優先しましょう。

そのための方法ですが、1社に返済を集中します。5社から借り入れをしていて、残りの4社に融資枠が余っている場合、そこから上限まで借りて、そのお金を返済に回します。

借金の総額という点では何ら変わりはありませんが、借り入れ件数が減ったということで、信用力はプラスになります。

これで『おまとめローン』の審査に通過する可能性がアップします。

ちなみに借り入れ件数が多くて、1社の完済ぐらいでは『おまとめローン』の審査に通らないという状況でも、完済することには大きな意味があります。

借金を完済すると、業者から『再度、借り入れをしませんか?』という連絡がくることがあります。業者からしてみれば、お金を貸すなら、確実に返してくれる人に貸したいと考えるので、借金を完済したあなたは上客です。

そのため、交渉すれば金利を下げてくれることもあります。融資枠も増やしてくれる可能性もあります。そうしたら、そこで借りたお金を金利の高い業者の返済にあてれば、返済負担が減り、楽になります。

完済実績も増えますが、そうなると、今度は、その業者から同じように、借り入れの打診がくるかもしれません。これを繰り返していけば、金利負担を大幅に下げることも可能ですし、そうやって借り入れ件数を減らしていけば、いつか『おまとめローン』を利用出来るようにもなります。

ウソのような話ですが、本当です。借り入れ件数を減らすこと=完済の実績を作ることは、これだけ重要です。

同じ額を返済するのであれば、複数の業者に対して均等に払うのではなく、1社に集中するようにしましょう。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ