おまとめローンは総量規制の対象外

おまとめローンは総量規制の対象外(例外)となるケースが大半です。

まず、総量規制の対象となるのは貸金法で定められている貸金業者(消費者金融業者や信販系カード会社)であり、銀行は対象外です。つまり、銀行のおまとめローンは総量規制の影響を受けません。

また、貸金業者のローンであっても、『顧客に一方的有利となる借換え』は総量規制の例外となります。有利な借り換えというのは、借り換えを行うことで、毎月の返済額や返済総額が少なるような契約を指します。

    ワンポイント!! 総量規制の例外とは?

    年収の1/3以上の借り入れが出来るけど、貸付残高が総量規制の対象とされるのが『例外』です。

    総量規制対象外の銀行の『おまとめローン』で100万円を借りたとします。この場合、総量規制対象となる貸付残高はゼロです。仮に年収が300万円だとすれば、その1/3である100万円を総量規制対象のノンバンク系ローンから借りることが出来ます。

     

    同じケースで例外とされる『おまとめローン』で100万円を借りた場合、総量規制対象となる貸付残高は100万円になるので、ノンバンク系からは1円も借りられなくなります。

おまとめローンの金利というのは、一般的なカードローンやキャッシングよりも利率が低いので、この条件に当てはまることはほぼ間違いなく、基本的には問題無く利用出来るということです。

ただし、おまとめローンの審査に通過するかどうかというのは別問題です。ここは『おまとめローン』を提供する銀行、貸金業者の基準によります。

『おまとめローン』というのは、借金返済を目的としたローンなので、よほどのことがない限り、審査に落ちることはありませんが、銀行は審査が厳しいので、万が一ということもあります。

審査に通るかどうか心配な場合には、中小貸金業者が提供している『おまとめローン』を利用することをオススメします。銀行と変わらない金利、場合によっては低い金利で貸りることができるケースもあります。

中央リテールのおまとめローンSBIソーシャルレンディングの借り換えローンなどは実績ある会社のローンなので安心です。(特に後者はSBIグループの会社なので信用性は抜群です。)

ちなみに、金利というのは、どの銀行・業者でも5.0~13.5%というふうに幅がありますが、借入額が多ければ多いほど低くなります。設定金利は銀行・業者によって大きく違いますので、必ず事前に確認してください。

また、半年以内に3件を越えるローンの申し込みを行うと、『申し込みブラック』扱いになり、審査に通らなくなる可能性が高くなります。3つの銀行に申し込んだけど全てダメだったという時、審査が比較的緩い貸金業者のローンに切り替えようとしても、この時点でアウトになります。

そのため、審査が厳しい銀行系の『おまとめローン』に申し込む時には、必ず1行に留めておいて、万が一審査に落ちた時の追加枠を確保するようにしてください。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ