カードローンの借り換え

借金返済の手段としてカードローンの借り換えというのは有効な手段です。これまでよりも金利の安いところへ切り替えれば、毎月の返済額も少なくなりますし、トータルの返済額も減ります。

 

金利は借入額が多ければ多いほど低くなるのが一般的ですが、今は少額でも14~15%の金利で貸し出すところが多いので、法定利息の上限値18%で借りている人は、それだけでも損をしていることになります。現在の借入額が収入の1/3以内であれば、まずどこでも審査に通過するので、すぐに借り換えを行うことをオススメします。

 

もし債務残高が多い場合には、おまとめローンの利用をオススメします。借り換え専用のローンなので債務残高が多くても申請に通過する可能性が十分にあります。

 

ただ、カードローンの借り換えを行うときには、過払いが発生していないかどうかという点は事前に確認しておいてください。

 

過払いというのは払いすぎた利息を返金してもらうことです。詳しくは、こちらのページ『おまとめローンを利用することで、損する1つの可能性』を参照して頂きたいのですが、重要なことは過払い金が発生している状態で借り換えをしてしまうと、実質的に損をしてしまうということです。

 

仮に債務残高が100万円だったとして、過払い金が30万円発生していた時には、借金の残高は70万円になり、この金額が借り換えの対象となるわけです。でも過払い金の請求をしないと100万円で借り換えをしなければいけません。18%以上の利子でお金を借りていた人は過払い金が発生している可能性があるので要確認です。

 

最後に、あまり状況が変化しないような借り換えは行わないようにしてください。意味がないだけでなく、それ以上に消費者金融への申込件数が増えてしまうことで、信用度の低下につながります。これは将来、取り返しのつかないことを引き落とす可能性もあります。

 

カードローンやクレジットカードの申し込みというのは、短期間に集中して行うと申し込みブラックという扱いになり、審査に通らなくなります。その目安は半年間に3件です。決して多い数字ではありません。

 

安易な借り換えをして申込件数を増やしてしまうと、本当に意味のある借り換えをしたい時に審査に落ちてしまいます。これは非常にもったいないことなので、無駄な借り換えはせず、いざという時のために申込件数の枠を確保するようにしておきましょう。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ