カードローンを使い続けたいのであれば完済しない

借金をしたら返す。これは当たり前のことですが、一度借り入れをしたカードローンを、将来もう一度使う可能性がある場合、わざと完済せずに借り入れを続けたほうがいいかもしれません。

 

 

昔、私は借金を全額返済した消費者金融A社をもう一度利用したことがあるのですが、その時、最初から審査をやり直すことになり、面倒だったという経験があります。

 

 

一方、A社と同じ時期にお金を借りて、当時もまだ返済を続けていたC社の場合、借り入れ枠の範囲内で、いつでも好きなように、再度借り入れを行うことが出来ました。

 

 

審査が面倒というだけならいいのですが、それ以上に怖いのは、最初から審査がやりなおしとなるので、過去は通ったけど、今度は通らなかったという結果になることです。個人信用枠が厳しく制限されるようになっている昨今では十分に考えられる話です。

 

 

取引が無くなると、カードローンは借りにくくなる?

カードローンでお金を借りたことがある人であれば、借金をするときには融資枠が与えられることはご存じかと思います。

 

 

仮に融資枠が30万円だったとしたら、その範囲内で、幾らでもお金を引き出すことが出来ます。返済を続ければ、融資枠は余るようになってきます。たとえば、30万円借りて、その後返済を続けることで借入残高が10万円になった。

 

 

この場合、30万円の融資枠から借入残高10万円を引いた20万円は、いつでも借りることが出来るお金となります。

 

 

では、借金を完済したとしたら、どうなるでしょう?

 

 

計算上は融資枠30万円が丸々余るので、いつでも30万円まで、お金をおろせるということになります。ところが、実際には、お金をおろせるのは半年から1年ぐらいの間だけです。

 

 

完済後、取引がない状態が続くと、契約終了という扱いになり、融資枠はなくなります。カードローンのカードも無効になり、そのカードでお金をおろすことが出来なくなります。

 

 

カードローンの再審査

もし、完済後、しばらく時間が経過してから、また借り入れをしたいという時には、カードローンに再度申し込むことになります。

 

 

実質、初めて申し込むのと一緒で、手続きをやり直すことになります。

 

 

この手間自体はともかく、問題となるのが、あなた自身の状況です。

 

 

仮に、以前より収入が落ちた、以前は働いていたけど今は無職。こういった状況だと、個人信用枠が減るので、もしかしたら審査に落ちてしまうかもしれません。

 

 

収入や仕事の状況が以前と一緒ということであれば、一度完済していることがプラスとなり、問題なく審査に通過すると思いますが、そうでない場合には微妙です。

 

 

そして、お金が必要な時というのは、状況が悪い時なので、審査に通らないという事態に直面する可能性は少なくありません。

 

 

一方、取引が継続しているカードローンは、返済が滞るといった極端なケースを除けば、融資枠は、そのまま存続します。つまり、借り入れ枠を維持することが出来るというわけです。

 

 

そのため、いざという時のために、融資枠を確保しておきたい時には、適度に借り入れを行い、取引を継続させておいたほうが無難です。

 

 

少額を借りて、数日後に返済というふうにすれば、金利もジュース代程度で済みますので、それほどの負担にはなりません。

 

 

本当は、借金はしないに越したことはないので、かなり後ろ向きの考え方ですが、いざという時のことを考えると、生活の防衛策としては重要です。

 

 

カードローンとの付き合い方として、わざと完済しないという方法もあるということを覚えておいてください。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ