DCカード カードローン

DCカードのカードローンは設定金利が15.0~18.0%となっています。他社と比較して特に有利な条件というわけではありません。そういった意味では魅力に乏しいカードローンです。

利用者の立場からみて、DCカードが使えると思える点は、毎月の返済額を利用者側が設定出来ることです。1万単位で設定、その金額に利子を付けた額がトータルの返済額となります。

1万円単位なので、借り入れ額が10万円ぐらいだと返済負担は他社より重くなります。(10万円前後の借り入れであれば、返済額は5000~8000円に設定されるケースが大半です。)

ただ、借り入れ額が50万円だとすると、他社の場合、15000~20000円が返済額となりますが、DCカードの場合、1万円で設定することも可能なので、返済負担は軽くなります。

その分、支払い金利が増え、完済までに要する期間も長くなりますが、返済負担を抑えたいという人にとっては助かる仕組みです。

ボーナス月に返済額を増やす設定が出来るのも大きな特徴です。支払いパターンはクレジットカードに近い設定ですね。

返済プランの融通を利かせたいという人には利用価値が高いカードローンと言えます。それ以外のケースであれば、もっと金利の低い業者を利用したほうがいいのではと思います。

 

  実質年率 融資限度額 即日融資 担保・保証人 無利息期間 総量規制
DCカード 15.0~18.0 300万円(注1) 可能 不要 なし 対象

注1)設定金利が18%の場合。15%では融資限度額99万円

 

【申込み・詳細(公式サイト)→DCカード

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ