みずほ銀行カードローンの金利・審査・返済情報

みずほ銀行のカードローンでは最大500万円までの借り入れが可能です。金利は借入額に応じて変わりますが、最大金利は14.0%(借り入れ額100万円以下)となります。

 

みずほ銀行のカードローンにはキャッシュカード兼用型、カードローン専用型の2種類があります。キャッシュカード兼用型であれば、自動貸し越し機能や自動振り替えサービスが利用できるので、何かと便利です。

 

みずほ銀行に口座をお持ちの方であれば、キャッシュカード兼用型が利便性も高く、使い勝手が良いでしょう。

 

みずほ銀行カードローンの金利は?

日本を代表するメガバンクの一つだけあり、金利は低めです。5.0~14.0%のなかで設定されるようになっています。ただし、金利は借入額と連動しており、借入額が少ない時には、金利は高めとなります。

 

これは他の消費者金融でも言えることですが、30万円を3社から借りるよりも1社から90万円借りるほうが金利を抑えられます。これはトータルの返済額を抑えることにつながります。毎月の返済額も少なくなるので、負担が楽になります。

 

ある程度、まとまったお金を借りるつもりであれば、みずほ銀行のような限度額が高いところで、幾らまで借りられるか、確認するのがベストです。

 

また、最初は借入限度額が少ない場合でも、滞りなく返済を続けていけば、取引期間が延びるに連れて限度額が増えます。

 

そのため、金利と借入額が連動しているところで、少しずつ借入額を増やしていくというのが、金利を抑えるテクニックとなります。

 

 

みずほ銀行カードローンの審査は?

カードローン審査は保証会社であるオリエントコーポレーション(オリコ)が行っています。オリコの審査に通過することが借入の条件となります。

 

オリコは大手信販会社なので、審査が緩いということはありません。ここはちょっと厳しいかもしれませんが、年収の1/3程度の借り入れであれば全く問題がありません。まず審査に通るでしょう。

 

なお、審査基準は一般公開されてはいませんが、みずほのカードローンは収入の安定性を重視すると言われています。勤続年数が1年未満の人が申込をしたけど審査に落ちたという話がよくあるので、そこは要注意です。

 

逆に、夫に安定収入があるということであれば、専業主婦の人でも審査に通るようです。この場合、初回の借入限度額は30万円、夫の収入証明書が必要となります。

 

  実質年率 融資限度額 即日融資 担保・保証人 無利息期間 総量規制
みずほ銀行
カードローン
5.0~14.0 10~500万円 不可 不要 なし 対象外

 

注意点ですが、審査通過したからといって、すぐにお金を借りることは出来ません。その前に、必要書類を郵送する必要があります。

 

そのため、申し込みから入金まで数日を要する可能性があります。申込時には、このことを頭に入れておきましょう。時間的には余裕を持って申込を行うことをオススメします。

 

みずほ銀行カードローンの返済方法

返済方法は、残高スライドリボルビング払いと言われる方式です。毎回、一定額を返済する方法で、残高が一定額に減るごとに、段階的に返済額も下がっていきます。残高60万円だと返済額が毎月2万円、残高30万円だと1万円という感じです。(これは例なので、正確な返済額を知りたい方は、銀行窓口や公式サイトで確認してください。)

 

始めは、高額な返済で苦しいのですが、時間が経つとどんどん楽になっていくという方式です。ただし残高が減るということは、融資限度額に空きがでることで、その空いた融資枠を使って新たなローンを組むことが可能となります。

 

『追加の借入はいかがですか?』といった勧誘の連絡が来るようにもなりますが、見境なしに借りてしまうと、いつまでも完済出来ないので、そこは注意してください。金利を確認して低くなるようだったら、他社分の返済に充てるというのはアリですね。

 

【申込み・詳細(公式サイト)→みずほ銀行

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ