返済するという事実を認識する

カードローン、消費者金融、借り先は何でもいいのですが、借金をする時には、そのお金は返済すべきものという当たり前の事実をキチンと認識することが重要です。

 

特に借金が膨らんだ人にとっては、この現状認識が借金完済への第一歩です。

 

カードローンの借金が借金と思わなくなる

これは言葉にすると当たり前ですが、実際にお金を借りだすと当たり前ではなくなります。借りたお金=自分のお金と思ってしまいがちです。

 

借金がない人からすれば『何それ?』と不思議に思えるようなことですが、それが起きてしまうのが借金の怖いところです。

 

私自身、返済の重みを感じたのは最初のうちだけでした。

 

最初は借金すること自体が怖かったのでクレジットカードのキャッシングで3万円、5万円と小口で借りました。しかし、だんだん1回あたりの引き出し額が大きくなり、限度額いっぱいとなって次のカードに手を出し・・・ということ繰り返すうちに感覚が麻痺してきました。

 

クレジットカードのキャッシングが限界に達したあとカードローンに手を出しましたが、その頃にはお金を借りることに抵抗がないだけではなく、『お金が増えた!』と収入を得たような気持ちにすらなっていました。

 

こんな状態になってしまうと返済なんて、頭の中から忘れ去られています。

 

カードローンの返済日がくれば、目の前の支払だけはどうにかしようと思いますが、それが過ぎればなんとやら、あとはお構いなしです。長期的視点で完済を考えるなんてことはありません。

 

だからこそ、目の前の返済のために新たに借金をするといった常識外れのことをしてしまいます。

 

こうなれば自己破産への道を一直線です。私の場合、たまたま土壇場で自分が異常ということに気がつき、軌道修正をすることが出来ましたが、これは極めて幸運なことだったと思います。

 

少なくない人が、このまま最後まで突き進んでしまっています。

 

カードローンの返済がどうでもいいと一度思うと抜け出せない

返済なんてどうでもいいという思考パターンに陥ると抜け出すのは困難です。これを防ぐには最初の段階で『借りたお金は返済する必要がある』という事実を意識しておくことです。

 

一日足りとも忘れないぐらいの気持ちでいるべきです。紙でも書いておいて、毎朝起きたら確認するといったことをしてもいいでしょう。

 

この当たり前のことを出来るかどうかでカードローンの借り入れを生活の助けとするか、地獄への片道切符にするかが決まります。

 

うまく活用すればカードローンというのは、あなたの生活をサポートする大きな力となります。しかし、一歩誤れば、あなたの人生を破滅させることにもなります。このシビアな現実をキチンと認識してください。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ