返済の目処がつかない限り、カードローンでお金を借りてはいけない

カードローン、消費者金融等で借り入れを行うときには、必ず返済の目処をつけたうえで借りるようにしてください。目処がつかないまま借りてしまうと、雪だるま式に借金が増えて、どうにもならなくなります。

 

ここで注意すべきことは『何とかなる』という安直な考えです。

 

物事を楽観的に捉えるというのは生きていくうえでの有益な知恵ですが、借金に関してはダメです。現実的に考えなくてはいけません。多少悲観的な視点も入れたほうがちょうどいいぐらいです。

 

カードローンを賢く活用するには、管理を徹底すること

そのための第一歩はお金の出入りを厳密に管理することです。シンプルに考えれば、お金というのは収入と支出から成り立っています。

 

支出を収入が上回れば生活は成り立ちます。支出が収入を上回り足りなくなるから借金せざるを得なくなるわけです。支出以上の収入があれば、カードローンでお金を借りようとすることはないでしょう。

 

返済の目処がつくというのは毎月の返済額を計算に入れたうえで、支出を収入でカバー出来るということです。

 

これが出来なければ、毎月どこからかお金を用意しなければなりません。用意できなければ、また新たに借り入れを行うことになります。

 

これを続ければどうなるか言うまでもありません。

 

カードローンの借金は、かならず自分の収入から返済する

最近、政治の話でプライマリーバランスという言葉が出てきます。これは税収で国の経費(予算)をまかなえる状態を指します。借金に頼らず、収入で支出をまかなえる状態ですが、個人でも、この状態が基本です。

 

支出が収入を上回る場合、収入を増やす、もしくは支出を減らすかのどちらかを行い、バランスを整えなければ状況は好転しません。

 

借金をしなければいけない状態の人にとっては収入を増やすことも、支出を減らすこともそう簡単にはできないことかもしれません。

 

そんなことは理想論と思えるかもしれませんが、これ以外根本的な解決策はありません。

 

苦しい現実かもしれませんが、この現実と向き合うことが大切ですし、そむけることは問題を先送りするに過ぎません。

 

今は個人の与信枠が厳しくなり、借金といっても借りられる額はたかが知れています。先送りするといっても1年、2年持てばいいところでしょう。『今』、問題に直視して向き合う姿勢が重要です。

 

どうしてもカードローンの返済が出来ない時には

もし、返済が満足に返済出来る見通しが立たない時には、その時点で弁護士等、専門家に相談してください。早ければ早いほど傷が浅くて済みます。

 

借入額が少ない段階であれば、自己破産といった最悪の手段(履歴が残ってしまう手段)を使わずに、うまく借金を減らすことが出来る可能性もあります。借金が膨らんでからでは手遅れなので、早めに対処するようにしましょう。

 

金利の安いカードローンに借り換えることもアリ

もう一つの選択肢として、もし現在利用しているカードローンの金利が高ければ、より利率の低いカードローンに借り換えるという選択肢もアリです。

 

数パーセント違えば、毎月の返済額もかなり変わってきます。地味なようで強力な手段なのでオススメです。こちらのページに低金利のカードローン会社をリストアップしていますので、参考にしてください。

 

ただし、借り換えは、あくまでも返済額を減らすことで、完済できる可能性が出てくる時だけ意味がある手段です。少しくらい返済額が減ったところで無理という状況ではカードローンの借り換えも役には立たないので注意してください。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ