お金を借りれば、今以上に大変になるかもしれない

『お金が足りないから借りよう』

もし、あなたが今こんなことを考えているとしたら、実際に借り入れをする前に、お金を借りた後のことを想像してみてください。

借りたお金をキチンと返せるのか?
毎月の返済負担に耐えられるのか?

借りる前は当座のお金の工面で頭がいっぱいになり、借りた後のことまで考えが回らないかもしれませんが、これはとても重要です。

カードローンなどの消費者金融から20~30万円のお金を借りた場合、毎月の返済額は10000~15000円になります。お金が足りないから借りるという人にとって、決して少ない金額ではないはずです。

これを毎月払い続けなければいけません。しかも数年続きます。

借金の額が増えれば、毎月の負担額もアップします。100万円借りれば、返済額は毎月5万円近くになります。かなりの負担になるはずです。

当たり前の話ですが、借金をすれば利子をつけて返さなければいけないので、お金の収支でいえばマイナスです。

お金がなくて苦しいからといって借金をしたら、もっと苦しくなります。お金に困っているという状態を借金で解決するのは根本的に不可能です。

入院をする、会社が倒産して急に収入がなくなるといった、緊急で大きなお金が必要になったという場合には、カードローンの借入でまかなうというのは現実の選択肢としてアリですが、それはあくまでも緊急避難的なものとして利用するからです。

洋服を買いたい、旅行に行きたい、遊ぶお金がないといった浪費目的で借り入れをするのは絶対にやってはいけないことです。こういった理由でお金を借りてしまうと、一度きりで済まず、どんどん借り入れを重ねてしまうからです。

(自己破産をする人が借金を作ったキッカケというのは、本当に些細なものです。)

こういった時、やらなければいけないのは自分の収入のなかで、やりくり出来るように知恵を付けたり、我慢することを覚えることです。

自分の収入を上回る額を使ってしまう癖を一度つけたら、なかなか治らないですし、この状態で借金の返済額を確保するのは困難です。

こういった人が借金をしたら、相当苦しみます。毎月、返済するために頭を悩ますことになるはずですが、そんなことをするぐらいなら、最初から借りないほうが遙かに楽です。

こちらのページ『良性の借金・悪性の借金』でも触れていますが、一度きりで済む借金であればいいのですが、何度も借入を繰り返すような状態は危険です。

『この借金をすることで、どうなるのか?』

借入という行為が本当に意味のあることなのかどうか十分に検討したうえで、お金を借りるようにしましょう。

安易にお金を借りるのは危険です。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ