家族に知られずに借金問題を解決するには?

借金をしているという事実を家族に隠している人は多いと思います。

私もそうでしたが、お金の問題というのは親しい人にも相談しづらいものですし、お金に困っているということは知られたくないものです。(親しいからこそ隠したくなるのかもしれません。)

しかし、自分一人で解決する(返済を続ける)ことは厳しくなってしまったという時には、すぐに専門家に相談すべきです。

自己破産等、債務整理することを決めているようでしたら弁護士や司法書士、今後どうすべきか自分でも分からないという時は、消費者センターの多重債務相談窓口や多重債務者支援のNPO団体が相談先となります。

家族に知られたくないということを最初に伝えておけば、バレナイように対処してくれます。法的手続きや金融業者との交渉が必要になったときも、彼らに一任すれば、あなたのほうに直接連絡がくることはないので心配ありません。

家族に借金の問題がばれる一番の原因は、返済が滞ることで業者からの督促が発生することです。その前に、しかるべき手段を取っておけば、隠密に処理することができます。

債務整理をしたとしても、日常生活上ばれることは殆どありません。債務整理の個人生活に与える影響としてはローンが組めなくなる、クレジットカードが作れなくなることぐらいだからです。

クレジットカードは作りたくないと言えば、それで済みますし、ローンを組む機会というのも、そうは無いので、大半のケースでは問題ないはずです。

ただ、このあたりが厳しいという人は、家族に正直に相談しておいたほうがいいでしょう。言いづらいことほど、早い段階で伝えておいたほうがダメージは少なくなります。

消費者センターやNPO団体であれば、こういった相談にも乗ってくれますので、話をしてみるのもオススメです。(家族への伝え方をアドバイスしてくれたり、なかには間に立ってくれることもあります。)

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ