キャッシングがクレジットカード利用の第一目的になったら要注意!!

借金を抱え込む人とそうでない人というのは、お金に関連する行動パターンに違いがあります。その一つがクレジットカードの使い方です。

 

キャッシングとクレジットカード

 

お金のトラブルを抱え込まない人というのは、商品を購入するためにカードを利用します。ショッピング枠の利用がメインということです。一方、借金に苦しむような人は、現金を工面するためにクレジットカードを利用します。キャッシング枠の利用がメインということです。

 

もし、クレジットカードが現金の供給源となっていたら要注意です。危険な状態にあると考えて間違いありません。

 

今現在、ショッピング枠の利用がメインという健全な付き合い方をしている人は、ちょっとしたキッカケでキャッシング枠の利用にハマッてしまうということを覚えておいてください。

 

若い人で多いのは、会社の友達とスキー旅行に行くことになって、その費用が工面出来ないからといったイベント的な出費です。

 

カードのキャッシングの怖さ

 

こういった出費だとたいしたことない金額なので、本人は気にもとめないものですが、キャッシングには魔力のようなものがあります。何にもないところからお金が出てくるというのは魅力的なものです。借金と頭では分かっていても、もらったような気分になる人が少なくありません。

 

私自身がそうでした。カードのキャッシングは利息の高いキャッシングということを知っているので、使うべきではないものとずっと思っていて、最初に使う時には、とても緊張しました。怖い物と思っていたからです。

 

でも、それは初めの1回だけ・・・

 

一度借りたら、なんてこと無くなり、何度でも普通に使えるようになりました。そして限度額いっぱいになったら、次のカードを作るようになりました・・・

 

キャッシングは1回だけの利用でおさまればいいのですが、まずそうはなりません。必ず2回・3回と繰り返すようになり、そのうち抵抗感もなくなり、あっという間に枠を使いきってしまいます。そこから、カードローン、消費者金融へと借り入れ先が広がり、どんどん借金が膨らみます。

 

お金を使うという行為には強い力があり、一度ぜいたくを覚えると、よほどの自制心がないと元には戻れません。絶対に使わない。一度でも使ったら終わり。これぐらいの考えでクレジットカードと付き合いましょう。

 

自分の自制心に自信が無い人は、クレジットカード自体を作らないことです。手持ちの現金のなかで工面するようにすれば、絶対に失敗はありません。もしくはキャッシング枠を設けず、ショッピング枠だけにすることです。

 

キャッシング出来る状況を作らなければ、借金することはありません。シンプルですが、これが最も効果的な方法です。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ