返すべき借金と返さなくても良い借金

大きな借金を抱えていると、『自己破産しかない』と思い詰めてしまう人が少なくありませんが、こういった状況にある時、最初に考えるべきことは『それは本当に返さなければいけないお金なのか?』ということです。

 

債務には返すべき借金と返さなくても良い借金があります。 本当に返すべき借金というのは、利息制限法の範囲に当たる借金です。

 

返すべき借金

 

出資法に基づく借金は支払わなくても良い

借金の利息については、利息制限法と出資法の二つがあります。出資法のほうが利率が高く、消費者金融業者は出資法に基づく高い利息を請求するのが一般的でした。29.8%といった利率は出資法で認められている金利です。

 

しかし、平成18年に最高裁判所が出資法に基づく高い利息は認めないという判決を打ち出し、金融業者は請求出来なくなりました。

 

そして重要なことは、それまでに支払われた出資法に基づく利子についても無効となったことです。

 

これは債務者側からすれば、返済の義務がない利子を支払っていたことになります。これが返さなくても良い借金になりますが、これらは借金の元本に充てることが可能となります。

 

仮に払いすぎていた利子が100万円、その段階での元本が150万円とした差し引き50万円が返済しなくてはいけない借金となります。これが差し引き計算と呼ばれるものですが、これでだいぶ借金が減ります。

 

その後は最大18%という利息制限法にもとづく利子を支払うことになるので、利子の額も減り、返済負担が楽になります。

 

さらに、仮に払いすぎていた利子が元本を上回っているようだと、借金がなくなったうえに、業者からお金を払い戻してもらうことが出来ます。これがいわゆる過払い金です。

 

過払い金

 

自己破産してしまうと過払い金がなくなってしまう

 

ここで重要なことは、自己破産をすると過払い金を請求する権利を失ってしまうということです。

 

自己破産の認定を受けると、たしかに借金はチャラになりますが、本来返金されるべきお金を失ってしまいます。破産後、事実に気付いても遅いので、自己破産を考えているのであれば、まずは差し引き計算を行ってください。

 

弁護士、司法書士さんに依頼すれば算出してくれます。算出するためには、借り入れ・返済の履歴情報が必要ですが、自分で把握していない状態でも大丈夫です。金融業者は履歴情報をデータとして保管してあるので、そちらのデータを請求して取り寄せればOKです。(このあたりの手続きも弁護士・司法書士さんが代行してくれます。)

 

平成18年以前から借金をしているという人の場合、まず間違いなく過払い金が発生しています。まずは、その事実を弁護士、司法書士さんに伝えて、本当に返済すべき借金がどれくらいになるのか、差し引き計算をしてもらってください。

 

自己破産を考えるのは、その後で十分です。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ