オススメの本『借金は身を滅ぼす』

借金を安直に考えると大変なことになる

 

その事実を身にしみて実感させられる本が『借金は身を滅ぼす』です。

 

2000年頃から、まぐまぐで発行されていた同名の無料メールマガジンが書籍化されたものです。私はメールマガジンをリアルタイムで購読していましたが、当時借金を返済中だったので、身が引き締まる思いでした。

 

私がカードローンや消費者金融に手を出したのは約半年間程度の間で、その後は何があっても手を出さないようにしましたし、のどから手が出るほどお金が欲しくて『金利2%』といった怪しげな広告には引っかかりそうになった時、最後の最後で止めることが出来たのですが、それは、この本で危ない話を知っていたおかげです。

 

内容は実話ですが、気軽な気持ちで借りた20万円が数年後には400万円に膨らんで・・・という話です。

 

この本の著者の方の場合、原因がギャンブルなので、そこだけをみると『だからじゃん』と思われるかもしれませんが、理由がどうであれ借金をすることが習慣化してしまうと、総額はあっという間に膨らみます。

 

その怖さを実感させられる一冊です。現在、アマゾンで中古を買う以外、購入する手段は無さそうなのですが、興味がある人にはオススメです。

借金は身を滅ぼす

 

少しずつ増えていく借金は怖い

 

このサイトにおいて、何度もお伝えしていますが、良い借金というのは一時的な緊急避難として借りるお金だけです。

 

少額であっても生活費が足りないなら毎月借りるといったことを続けていると、膨らんでどうにもならなくなります。生活費となると罪悪感を覚えることがあまりないので、かえって怖い面もあります。少額なので、危機感を感じにくいのも怖いところです。

 

『借金は身を滅ぼす』のように、自己破産するぐらいの借金を抱える人も、1万円・2万円という金額から借り始めているというケースが大半です。少しずつ増えていく借金が最も危険ということを忘れないでいてください。

 

既に借り始めている人は・・・

 

このページを読んでいる段階で、借金をしてしまっているという人は、その原因が遊びやギャンブルであれば、これ以上の借り入れは絶対にしないでください。とにかく、今以上に増やさないことが先決です。

 

オススメなのは、今すぐカードにハサミをいれて使えなくすることです。そして、返済はネットバンクの自動振り込み機能を利用して、毎月強制的に口座から支払われるようにすることです。これぐらいやらないとダメです。

 

しばらく耐久生活が続くかもしれませんが、これも自分の身から出たサビです。泥沼にハマらないうちに対処しましょう。そして、 遊びがね欲しさに借金をするといった安易なことには二度と手を出さないようにしてください。

 

お金の問題は一生つきまといます。今のうちに適切な付き合い方を身につけておきましょう。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ