闇金ウシジマくんから学ぶ『借金のスパイラル』から抜け出す方法

私はマンガが好きなのですが、最近は『闇金ウシジマくん』にハマッています。主人公である闇金業者の経営者と、そこに借り入れにくる多重債務者の人間模様を描いたマンガです。

 

私は闇金には手を出さないまでも、10件近い消費者金融業者から借り入れをした多重債務者だったので、ウシジマくんのストーリーに妙にリアリティを感じて、引き込まれます。登場する多重債務者の気持ちがよく分かります。

 

いつも夢中で読んでしまうのですが、ところどころ深いセリフがあったりして、すごくメッセージ性の強いマンガだなと思います。

 

 

それで、このマンガを見ていると、闇金にはまってしまう原因や、そこから抜け出す方法が見えてきます。借金に悩んでいる人にとっては耳が痛いけど役立つセリフがいっぱいなので、幾つか抜き出してみます。

 

借金の原因は寂しさ

コミック15巻最後に、主人公丑嶋のこんなセリフが出てきます。

 

俺たちが相手にしている連中はよ、孤独に耐えられねェ連中だ。

それを簡単に解消する手段を安易に手に入れた連中だ。

だがよ、簡単に手に入れるものは、大切にできねェ。

人と心を粗末にして心がどんどんさもしくなっちまった連中なんだ。

 

簡単に解消する手段というのはパチンコやスロットといったギャンブル、ショッピングやキャバクラ・ホスト通いなどですね。

 

そこに女性の場合、お金を稼ぐ手段として出会い系が加わります。ちなみに余談ですが、体を売ってお金を稼ぐ女がウシジマくんには結構登場するのですが、キャバ嬢や風俗嬢は少なくて、出会いカフェやテレクラ(懐かしい響きです)で売春をする女ばかりです。

 

よく分からないのですが、そういった人のほうが、ドツボにハマッてしまうのかもしれないですね。

 

話を元に戻すと、ウシジマくんに出てくる多重債務者というのは、心が満たされていない人間ばかりです。男だとストレスに押しつぶされそうなサラリーマン、女だと小金が欲しくて体を売るようになった若い子や買い物にはまったOL、パチンコにはまった主婦などですが、彼ら・彼女らには共通するパターンがあります。

 

お金を浪費するパターンだと、毎日の生活に不満たらたらで、でも現状を変えようと努力はせず、手っ取り早く刺激を得られるギャンブルにはまってしまう。また、人とのつながりを求めて、風俗通いをしてしまう。

 

お金を稼ぐパターンだと、若い子が安易に自分の体をお金に変えてしまい、その結果、心がむしばまれていく・・・ あるいは寂しさからパチンコにはまった主婦がお金ほしさに売春を行うようになる・・・

 

どちらもウシジマくんのセリフにあるように、『簡単に』悩みを解決しようとすることが共通項となります。

 

道徳論的になりますが、目の前の辛さや困難さから逃げ出さそうとすると、どんどん泥沼にはまっていくということです。

 

総じて心が弱い人間と言えますが、その弱さにつけ込んでいるのが闇金というワケです。

 

現実問題として、まともに考えれば、利子が10日で3割なんて暴利でお金を借りたら、返せないことは一目瞭然です。

 

それでも借りてしまうのは、目先の快楽しか考えなかったり、あるいは債務者に多い心境として、『借金があることを周りにバレたくない』といった見栄で、当座の返済するお金を借りてしまうからです。

 

目の前の現実を受け入れることが出来れば、借金のスパイラルから抜け出せる

では、借金することを止めて、この負のスパイラルから抜け出すにはどうするのか?

 

正直なところ、簡単な解決方法はありません。

 

目の前の現実を受け入れて、そのなかで出来ることをするしかありません。借金に関しては返済出来る見込みがないのであれば、債務整理を行う、自力で返していくのであれば、数年かけて、地道に取り組んでいく。このどちらかしかありません。

 

これって、言葉で表現することが出来ないくらい大変なことですが、その覚悟が出来ない限り、状況は変わらないままです。

 

ウシジマくんの13巻には、こんなセリフも出てきます。

 

あいつはもう借りないだろ 未來が今日返済する5万円は出会いカフェで稼いだ5万円と同じ金額だが・・・ 価値が全然違う

 

未來というのは、親の借金を返済するために、手っ取り早い手段として出会いカフェで稼いでいたけど、あることをキッカケに一切止めて、時給780円のファミレスで働くようになった女の子です。

 

最後の返済5万円がファミレスで働いて貯めたお金と聞いた後の丑嶋のセリフです。

 

出会いカフェであれば、5万円は数時間あれば稼げてしまう、でも、そこに逃げない

 

しかも、自分のものではない借金を背負わされているのに、そこでめげずに地道に働いた

 

これだけ心が強い人間だったら、借金なんて安易な逃げ道は利用しないという意味だと思いますが、借金と縁を切るにはこれしかありません。

 

何があっても、もう逃げないと決めること。それが出発点です。

 

本当に大変なことですが、それが出来ないと、仮に何らかの手段で借金をチャラにしても、また同じことを繰り返してしまうはずです。

 

辛いことや嫌なことも受け入れて、明るく前向きに生きていく。コレしかないと思います。

 

ウシジマくんには、最後の最後で踏ん張る多重債務者も出てきますが、そういった人達の姿を見ると、何が人間にとって大切なのか見えてきます。このマンガは深いです。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ