突きつけられた現実~借り入れ申請却下~

初めてキャッシングに手を出してから4ヶ月。たった4ヶ月なのに、ここまで借りた金額の
トータルはなんと320万円。

今から考えれば、どこに消えたという感じですが、当時はそんなことに想いをはせることなく
『このままだとお金が足りなくなる』という感覚だけでした。

そして、新たに借り入れをしようと無人機に足を運びます。

その先はプロミス。カードローン業者のなかでは大手なのに、なぜか手を出していませんでした。当時は、大手のほうが審査が緩かったので借りられるのが当然という感覚でした。

ところが!!

いつものように慣れた手先で申し込みをすると・・・

『お客様にはご融資することはできません』の文字が!!

現実に直面した瞬間でした。

それまでは、借入額を増やしながらも、どこかで何とかなると思っていました。

足りなくなれば、また借りればいい
そのうち、収入も増えるだろう

こんな根拠のない自信だけがあったのですが、この瞬間見事に打ち砕かれました。

サラ金業者からさえも、借金を断れる自分って・・・・

自分の情けなさを痛感した瞬間でした。

でも、今考えてみると、これは同時にとてもラッキーなことでした。
初めからやり直そうと気持ちを入れ替えることが出来たからです。

ダメな自分を直視することができたので、何とか踏みとどまることが出来ました。

『少しずつでもいいから返していこう、返し終わるまでは人並みの生活は諦めて働こう』

そう決意して借金返済への道を進むことになります。

しかし、物事はそう簡単には終わりません。ここからが大変でした・・・

 

(コメント)

『サラ金から拒絶された』

これは私の人生のなかで、最も強烈に印象に残っている記憶の一つです。

こんな時には人間、劇的に変わるものです。それまでの自分であったら違う借入先を探していたと思いますが、キッパリ借金をやめる決意が出来ました。

『借りられない』という状況になるのが借金体質から脱却する最も効果的な方法かもしれません。

そういった意味では金融法の改正で、個人がお金を借りにくくなったのは良いことだったのではと思います。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ