自己破産の決意

プロミスから借金を断られたあと、家に帰って状況分析を始めました。

まずはエクセルに業者ごとに借入額と月々の返済額をまとめてみました。それを見た瞬間、全身から血の気が引きました。その感覚は今でもはっきり覚えています。

Vol.7でも触れましたが、カードローンからの借金総額は320万円。毎月の返済額は10万を軽く超えます。

当時の収入はアルバイトやら何やら足しても月20万円程度。まさにギリギリの状態でした。

しかも、この返済額というのは大半が利子、こんなペースではいつになったら完済できるのか、さっぱりわかりません。

『とにかく、収入を増やさなければやっていけない』

そう考え、状況を改善すべく動き出しました。

とりあえず、収入を増やす手段として考えられるのは、アルバイトでも派遣社員でもいいのでフルタイムで働くことです。

幸いなことに私には英語という武器がありました。昔、アメリカに留学していたこともあり、問題なく英語を使うことができました。

さらに、当時私は栃木県に住んでいましたが、地方で英語を使って仕事が出来るという人材は不足しているので、時給の高い仕事がすぐにみつかります。そのときも時給1800円という仕事に就くことができました。

東京などでは考えられないことなので、つくづく運がいいなと思います。

これでアルバイトや少しだけ発生していた事業からの収入と足せば、毎月40万円を超える収入になります。

『これでいける!!』

希望が見えたのですが、まだまだ簡単にはいきませんでした。

フルタイムで働くことになると、自分の事業を本格的に展開している暇などありません。そこで、収入が発生している事業を残し、見込みのない事業は清算することにしたのですが、これが一苦労でした。

例の実業家との関係ですが、元々コンサル契約を1年間で結んでおり、これは途中で解除できないようになっていました。

しかも、ご丁寧なことに事業を途中で清算するときには、違約金を支払う条項も・・・

これでさらに一時的に借金が膨らむことになりました。その返済額も含めると、どうしてもお金が少し足りません。かといって、もう借りられるようなところもありません。

『もうちょっとでうまくいきそうだったのに・・・・』

しばらく、どうしようか考えましたが、結局は腹をくくりました。

元々、自分が蒔いた種です。責任は自分にあるということで、最悪の場合、自己破産することを決意しました。

私は元来見栄っ張りでした。それが尾を引いて、気がついたらこんな状態です。

借金が増えたのも見込みがない事業を続けたから

そして見込みのない事業を続けたのは、それがなくなったら社長からフリーターになってしまうと
いう見栄からでした

そして、その見栄の根本にあったのが自分をよく見せたい

自分がダメな人間だと認めたくないという気持ちでした

でも、さすがにサラ金からも借金を断られるまでになって、自分のダメさ加減を直視するようになり、全てを吹っ切ることが出来ました

『やれるだけやってみて、ダメだったら負けを認めて自己破産』

こんなふうに思えるようになりました

今振り返ってみると、自分のダメな部分を捨て去ることができたので、この時期は人生で最悪のときでありながら、今後の大きな糧となる経験もしている貴重な時期でもありました。

 

(コメント)

そんなこんなで、ようやく借金生活から抜け出すキッカケが出来ました。とは言っても、借り入れをしていたのは半年程度です。その後、完済するまで数年かかったのですが、増えるのはあっという間でした。

ところで、状況分析をして血の気が引いたということを書いていますが、借金をしている時期(次から次へと借り入れをしている時期)というのは、自分でも幾ら借りているのか把握していないものです。

毎月の返済額すら、正確に言えなかったりします。

状況を把握していないというのは多重債務者の特徴ですが、これは現実から目を背けているとも言えます。現実を直視する勇気がないからこそ、安易に借金を増やしてしまうわけですから、状況把握というのは、とても重要です。

もし、このページを読んでいるあなたが多重債務に陥っている場合には、状況分析を行うことをお奨め致します。こういったページを読んでいること自体、あなた自身がその必要性を感じている証拠だと思います。その気持ちにふたをせずに、状況を変える第一歩を踏み出しましょう。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ