神様からの贈り物~危機を救った1枚のカード~

カードローンの返済に加えて事業精算に伴う違約金の返済で、どうしてもお金が足りず自己破産を覚悟したわけですが、その後もとにかくやれるだけやってみようと働いていました。

返せるだけ返して、いよいよダメになったときは自己破産の申請をするという心づもりだったのですが、そんなある日奇跡がおきました。

家に帰ると一通の手紙があります。中をあけてみると、そこから出てきたのはライフカード。以前、私はUSEN放送に入っていたのですが、加入時に送られてきたのがライフカードです。キャッシング枠がついたクレジットカードです。

使ったことがないうちに更新の時期となり、勝手に新しいカードが送られてきたというわけです。

内容をみてみると限度額40万円、そしてキャッシング枠も40万円の数字が!!

あの状況で、なぜ更新時にカードが停止にならなかったのか不思議ですが、とにかくこれで40万円の融資枠が出来ました。停止にならないように借りてしまおうと、翌日全額おろしました。(笑)

このお金を利用して、事業清算の違約金を払うことで資金繰りがつき、自己破産を逃れることができました。

新たに借金が増え(トータル360万円)、毎月の返済額も増えましたが、ライフカードの返済額は15000円。これぐらいの上げ幅であれば払うことができます。実際、これが最後の借金となりますが、完済するまで返済が滞ることはなく、無事払い続けることが出来ました。

それにしてもライフカードについては、本当に奇跡的なことです。当時は覚悟を決めた自分への神様からの贈り物かなと本気で思ったものですが、今振り返ってみても、そんな気がします。

 

(コメント)

カードローンからの最後の借金となったライフカードは、最もまともなお金の借り方でした。

緊急で必要なお金を借りる。返済の目処がたっている。

意味のある借り方だったのではと思っています。それを可能にしたのは毎月収入があるという状況です。お金の問題を解決するには、収入源の確立が何よりも重要ということです。実際、収入源がなければどうにもなりません。

収入があるということは、まともに働いている証拠でもあります。忙しく働いていれば、お金を使う暇もないので一石二鳥です。

借金体質から抜け出すために、朝から晩まで働くというのは絶好の解決策なのかもしれません。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ