申し込みブラックの危険性:複数の業者に同時に申し込むと審査に落ちてしまう

カードローンなどの消費者金融から、お金を借りられなくなる状態をブラックと言います。ブラックになると、クレジットカードを作ることも出来なくなるなど、色々な面で深刻な影響が出てきますが、ブラックになる理由は2つです。

 

申し込みブラック

 

『一度に複数の業者に審査申請をした場合』、『過去に何度も返済遅延や債務整理(自己破産)をした場合』のいずれかです。

 

前者が申し込みブラックと呼ばれるものです。

 

期日に返済をしなかったり、自己破産をした後、お金を借りられなくなるというのは説明するまでもないと思いますが、申し込みブラックについては何がいけないのか想像出来ない人が多いのではと思います。

 

しかし、申し込みブラックは結構厳しい基準で、知らないうちにブラック扱いになってしまう人は少なくありません。要注意です。

 

申し込みブラックを避けるには

 

借入れの申込みを行うと、カードローン業者は審査のため、個人信用情報機関に申込者の信用情報確認を行いますが、この時点で3社以上の業者に借入れ申込みをしていると、『多重申込み』としてブラック扱いになってしまいます。

 

個人信用情報機関では過去の利用履歴だけでなく、他の消費者金融業者が信用情報を照会した回数も記録しています。

 

消費者金融業者は『短期間で複数の消費者金融に申請している=多重債務者になる可能性が高い』と考える傾向があり、返済が滞るリスクを避けるためにブラック扱いにすると言われています。

 

正確な基準が公開されているわけではありませんが、半年内に3社というのが1つの目安とされていますので、この数を上回らないように注意しましょう。

 

また、一度審査に落ちたカードローン業者に再審査の申し込みをする場合には、半年以上は期間を空けてください。個人信用情報機関に過去の審査記録が残っているので審査をパスする可能性が低いだけでなく、何度も審査を受けてきたということで、審査基準のハードルが高くなってしまいます。

 

こんなふうに、複数業者への申し込みというのは、その行為自体がマイナスに働きます。本来であれば借りられるのに、申し込みブラックというだけで審査に落ちるリスクが高まります。

 

借り入れ額を増やしたい時には

 

どうしても追加で借り入れをする必要があるという場合には、現在使用しているカードローン業者に対して、増額申請を出すことをオススメします。借入と返済の実績があれば、新規の借入よりも簡単です。取引期間が長ければ、金利を優遇させてくれることがあります。

 

不安な人は窓口で相談してみてください。返済実績があれは融通を利かせてくれることもあります。

 

当たり前の話ですが、過去に返済を滞らせている場合には、実績はマイナス評価となるので、逆に新規での借り入れよりも難しくなります。他の業者も、その事実は認識しているので、そちらでの借り入れも同様です。

 

唯一可能性があるとしたら、知名度の低い小さな業者です。そういった業者であれば、取引先を増やすために、多少は大目に見てもらえるかもしれません。消費者金融業者である以上、年収の1/3を超える貸付は無理ですが、その範囲内であれば貸してもらえる可能性があるので、あたってみてください。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ