返済日に支払うお金が手元にないときの解決策

今日が借金の返済日だけど、契約時に設定された返済額を満たすだけの現金を用意できない・・・

A社のカードローンから2万、B社から1万、C社から1万の計4万円の支払いが必要だけど、払えるのは2万円だけといった状態です。こんなとき、あなたなら、どうしますか?

大半の人は、まず1社の返済にあてます。返済すると、利用可能額が増えるので、その分を借りて、別の借金の返済にあてて、またそこから借り入れをして、次の返済に回すといったことをします。

要は典型的な自転車操業ですが、これではいつまでたっても元金が減りません。借金を返しているようで、何ら状況は変わらず、毎月同じように返済の負担に苦しむことになります。

借金を完済したいのであれば、追加の借り入れは絶対にNGです。

では、返済資金が足りない時、どうすればいいのか?

意外に誰も実行していないのが、返済額そのものを減らすことです。毎月の返済額というのは、あくまでも貸し手と借り手の間で決めたことなので、両者の合意があれば変更可能です。

お金が足りないことを業者に伝えて、当月の返済額を半分にしてもらう。こういったことも可能ですし、半分だけ返済した後、業者に事後連絡するというやりかたも出来ます。

クレジットカードのキャッシングでなければ、毎月の支払いは借り手が自分で振り込むので、その時に振り込むお金を減らします。その後、業者に連絡して『今月は、どうしてもお金が足りなかったので、5000円だけ振り込ませて頂きました』と伝えれば、そのまま引き下がってくれます。

1円も返済しないとなると滞納となり、督促が激しくなりますが、一部でも支払っておけば、業者はそれほど追究しないものです。もちろん、返済額1万円に対して振込額1000円となると話は別ですが、それなりの金額を払っておけば、だいだい許してもらえます。

業者からすれば貸し倒れが最も避けたいことなので、返す意志がない借り手に対しては厳しく取り立てを行いますが、返済ペースが多少遅くなっても、返す意志を示している借り手であれば大目にみてくれます。

実際、どれくらい払えばいいのかというのは業者によっても、その状況によっても違いますが、少しでも元金が減るぐらいの額を払えれば、まずは大丈夫です。

このやりかたであれば、少しずつでも元金を減らすことが出来るので、借金返済に近づきます。

借り入れを繰り返す自転車操業よりも遙かに意味のある返し方です。返済の負担が大きいという人は一度試してみてください。

ちなみに、こういったやりかたでは追いつかないほどの借金を抱えている場合には、自己破産や調停といった手段をとるべきです。至急、専門家に相談しましょう。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ