借金問題の相談が無料で出来るボランティア団体

私自身、多重債務者だったので痛感しているのですが、借金を抱えている人というのは、基本的に孤独です。

 

借金問題

 

誰にも相談出来ず、一人で悩んでいるものです。悩みを聞いてもらえる人がいるだけでも、本当はだいぶ違うのですが、借金をしている事実を誰にもバレたくないというのが本音ですから、そうなると一人で抱え込むしかありません。

 

相談するとしたら第三者ということになりますが、法的に債務整理を行うことを決めたのであればともかく、そう簡単に弁護士や司法書士に話を聞いてもらうわけにはいきません。

 

(無料相談を行っている弁護士・司法書士はたくさんいますが、あくまでも債務整理を考えていることが前提です。単純に悩みを聞いてもらうといったことは厳しいです。)

 

でも、相談先として頼りになるところがあります。それは借金問題を専門に扱うボランティア団体(NPO団体)です。

 

NPO団体がしてくれること

 

NPO団体の相談員は心理的なケアも含めて、様々な観点からアドバイスをしてくれます。必要があれば仲介役となって、専門家や金融機関を紹介することもしてくれます。

 

借金に苦しんでいる人を助けたいという趣旨からボランティアとして活動しているぐらいなので、スタッフの人は親切です。親身になって相談に乗ってくれます。

 

誰にも言えず溜っていた苦しい思いを聞いてもらうだけでも、前向きな気持ちになれます。

 

こういった団体は全国各地に存在します。インターネットで『借金問題 NPO ○○(地名)』という形で検索すれば、あなたが住んでいる街にあるNPO団体が出てくるはずです。(○○というところには自分が住んでいるところの地名を入れます。)

 

とても頼りになる場所なので、是非活用してください。

 

最後に、ちょっと嫌な話ですが、NPO団体の名をかたって相談者から相談料や紹介料を請求する悪徳集団も存在します。お金の支払いを求めてくるような団体はNGと考えてください。万が一、請求された時には無視してください。

 

また、NPO団体というのは国(内閣府)や地方自治体から認証を受けており、ホームページに必ず認証番号が記載されています。認証番号が書いていない団体は怪しいと判断して間違いありません。ここを判断材料にされるといいです。

 

なお、公的機関にも、借金問題の相談窓口を設けているところがありますので、こちらに相談するのもいいです。公の機関なので安心です。

 

主要な公的機関のリストを下記ページで公開しているので、こちらもチェックしてください。

借金問題を相談出来る公的機関

 

相談する時の前準備

 

的確なアドバイスをもらえるために、相談する時には前もって借金の総額や返済状況、自分自身の経済状況を整理しておきましょう。質問されたときに『分かりません』だと相談員もアドバイスのしようがありません。

 

これだと、結局『状況をまとめてから、また来てください』ということになってしまうので、二度手間です。1日でも早く解決するためにも、準備をしっかりとしてから相談に向かってください。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ