格安でキャッシング出来る総合口座の自動融資

大手銀行(ゆうちょ銀行を含む)には、定期預金を積み立てている人を対象にした自動融資制度があります。定額預金を担保にして、預け入れ金額の90%程度までの金額を貸し付けるという融資制度です。

 

自動融資

 

たとえば、定期預金に10万円の貯金があるとすれば、普通預金の残高がゼロの場合でも、ATMで9万円までは引き出すことが出来ます。返済する時には、普通口座に入金すればいいので貯金を行うのと一緒です。

 

それが自動的に引き落としされるという仕組みです。

 

大きな特徴は金利が安いことです。銀行であれば定期預金利率+0.5%、郵便局であれば返済時の定額預金金利+0.25%なので、1%以下に押さえることができます。

 

カードローンの金利は上限18%ですから、どれだけ違うか分かると思います。返済負担は軽いものになりますし、返済出来ない時には定期預金を解約、そのお金を返済に充てれば、借金が膨らむこともありません。

 

銀行によって詳細は異なるので確認して頂きたいのですが、おおよそはこういった感じです。

 

これはお金に困って借りるというよりは、利便性向上が目的の仕組みです。うっかり口座への入金を忘れてしまったけど、とりあえず必要なお金をその場で借りられるといったものです。

 

ただし、これをクレジットカードのキャッシングなどで行おうとすると、利子を多めに払わないといけないのでコストが余分にかかります。そういった意味で便利だねという仕組みです。

 

住宅ローン契約者に対するフリーローン金利優遇処置

 

また、自動融資とは違いますが、銀行は住宅ローンなど大口契約をしている人に対しては、カードローンの金利を優遇することもあります。

 

常日頃から付き合うがある人に対して、銀行は融通を利かせてくれるということです。付き合いが古い銀行があれば、窓口で借金の相談をしてみてもいいと思います。借金という言葉を使いにくかったら、フリーローンの申請ということでいけば大丈夫です。

 

お金に関する知識を増やそう

 

こういった自動融資や金利優遇の仕組みって、銀行側が積極的にPRすることはないので知らなかったという人も多いと思います。

 

せっかく利用出来る人が普通に高利のカードローンでお金を借りてしまうのが非常にモッタイナイのですが、これは言葉を返れば知識がお金を生むということです。

 

お金に対する知識を豊富に持っていれば、それだけで得する生き方が出来ます。常日頃から勉強して知識を増やすようにしましょう。まずは自分の身の回りのことから確認してみましょう。

 

口座がある銀行、保険、住んでいる街の公的制度、etc

 

借金がある人は、お金を借りるというのはどういったことなのか、どんな仕組みになっているのかといったことも強得するといいですね。

 

知識は力です。賢い生き方をしていきましょう!

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ