甘い言葉に騙されないで

『他店で断れた人も即日融資可能』、『ブラックOK!!』

 

こんな宣伝文句が登場する広告が目に付くことがありますが、この手の業者には近づかないほうが賢明です。闇金、もしくは限りなく闇金に近い違法業者である可能性が少なくないからです。

 

悪徳業者

 

甘い文句で引きつけるというのが悪徳業者の手口です。そして、一度誘いに乗ったら、そう簡単に放してくれません。悪徳とはいえ(だからこそ)プロですから、債務者を丸め込む手口は絶妙です。

 

『話だけ聞いて嫌だったら、借りるのは止めておこう』

 

こんな考えでお店に入ったらアウトです。

 

数年前ならともかく、今は法律で貸し付けの上限額は明確に定められています。ご存じの方も多いと思いますが年収の1/3です。この枠内の貸し付けであれば、銀行のカードローンであれ、消費者金融であれ、普通に審査に通ります。断られるということは、まずあり得ません。

 

強いていえば、バイト・パートといった職業だと銀行のカードローンは難しいかもしれないという程度ですが、消費者金融であれば貸してくれるところはあります。

 

どこも貸してくれないというのは、そもそも法律で禁じられている条件から逸脱している可能性が高く、それは業者の審査基準うんぬんではなく、根本的に無理ということです。

 

実際に、貸金業の基準を超える範囲内で貸すことは違法行為なので、まともな業者は融資することはありません。こういった状況にも関わらず、お金を貸す業者というのは法律を守る意志がない業者です。ハッキリいえば闇金です。

 

一度、悪徳業者と接触したら逃げ出せない

そして、何よりも怖いのは、こういった業者と一度でも接点を持つと、そう簡単に逃げられないということです。話の途中でおかしいと思っても、言葉巧みに誘導され契約させられてしまいますし、そうなれば、とことんお金を搾り取られます。

こういった話を聞いて『オレは大丈夫』と思っている人ほど危ないです。彼は心理誘導のプロなので、金を巻きあげようとあの手この手で攻めてきます。分かっていても断られないものです。

蜘蛛の糸に引っかかるようなものであり、一度彼らに捕まえられたら、まず抜け出せません。接触しないことが最大の予防法です。

 

世の中、そうそう甘い話はありません。誘い水に乗らないようにしてください。

 

もし、引っかかってしまったら

悪徳業者に引っかかってしまったら、自分一人で何とかしようとはしないことです。警察や市役所の生活課などに相談してください。

 

昔は個人の借金問題に関して、警察や役所はノータッチでしたが、社会問題化してきた数年前からは、積極的に問題解決のサポートをしてくれるようになりました。遠慮無く、助けを求めてください。

 

ただし、そうはいっても行政には古い部分も残っているので、地域によっては相手にされない可能性もあります。そんな時には法テラスあすなろ会のような借金問題の解決を支援しているNPO団体に相談するようにしてください。

 

ネットで検索すると、借金問題をサポートするNPO団体がたくさん出てきますが、それらのなかには詐欺行為を行うものが少なくありません。整理屋がNPO団体を設立しているケースもあります。NPO団体というだけで信用せず、素性がしっかりしたところに相談するようにしてください。よく分からないところは避けたほうが賢明です。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ