悪質な手口に引っかかったと分かったときの対処法

闇金業者や質屋詐欺等、悪質な手口に引っかかったと分かったら、その瞬間から対処策を採りましょう。そのまま相手の言うなりにお金を支払うのだけは絶対にダメです。

 

詐欺に対する対処策

 

しかし、こういった違法行為を働く人間は、元々法律を遵守するつもりはないので、下手に反抗したら、何をするか分かりません。非常に危険なので、自分一人で解決しようとは思わないでください。プロの助けを借りるのが一番です。

 

この場合、警察や弁護士よりも、借金問題専門のNPO団体(ボランティア組織)のほうが助けになるかもしれません。警察や弁護士は、法に基づく対処しか出来ませんが、それだけでは対処出来ない可能性もあるからです。

 

たとえば、一時的に身を隠すといったことも必要になってくるかもしれませんが、警察や弁護士は立場上、そういったアドバイスはできないですし、実際に行動するとなった時には、それほど助けにはなりません。

 

NPO団体というのは、こういった修羅場を何度も経験しているような人達がスタッフとなっているケースが多いので、彼らのほうが頼りになります。(もちろん、法的に解決するためのアドバイスもしてくれます。)

 

問題に巻き込まれたら、すぐに彼らに連絡をすべきです。そして、対処策がまとまるまでは業者に逆らうことはせずに、必要であればお金を払うことともしてください。こうやって時間を稼いで、プロに相談する段取りをつけます。

 

その後は、彼らのアドバイスに従えば、解決に向かうはずです。一番いけないのは自分一人で解決しようとすることです。必ず助けを求めるようにしてください。

 

こちらに信頼出来るNPO団体のリストをまとめてありますので、参考にしてください。

多重債務者支援 NPO団体リスト

 

追記:いざという時には

 

この記事を自分で読み返して、ちょっと誤解を与えそうな内容でもあるかなと感じたので、補足と修正をさせて頂きます。

 

もしかしたら、弁護士や警察は頼りない、相談しないほうが良いという印象を受けた方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

問題の特性を考えると、こういったトラブルに慣れているNPO団体のほうが頼りになる可能性が高いのですが、警察や弁護士でも助けを求めれば、応じてくれる可能性もあります。

 

特に警察は、多重債務が社会問題化している状況を踏まえて、この手のトラブルにも積極的に介入してくれるようになっています。NPO団体に相談するといっても、家から離れているということもあると思います。

 

そういった時には、身近にある警察にまず相談してみてください。相談して損することはないので、足を運んでください。(110番通報だと受け付けてくれないと思うので、直接警察署に出向いたほうがいいです。)

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ