自動車担保ローンは危険

車を担保にしてお金を借りる自動車担保ローン。たまに電柱などで広告が貼ってありますが、個人的には(電柱に張り紙をするという時点で)怪しいなと思っていました。一部の業者がこそこそやっているのかなと思ったのですが、実はこういった業者は多数存在しています。

 

最近知ったのですが、インターネットで検索すると、自動車担保ローン専門業者のサイトがどんどん出てきます。見た目はクリーンなイメージのサイトが多く、『もしかして、まともなところもあるのかな』と思ったのですが、調べてみると、やっぱりそんなことはないようです。

 

自動車担保ローンとは?

自動車担保ローンというのは、車を査定して算出された査定額の範囲内でお金を借りるというものです。返済が滞ったら車が差し押さえになるという仕組みで、返済を続けていれば、自分で車を使うことができます。

 

『車に乗りながら融資を受けられる』

 

これが自動車担保ローンお決まりのキャッチフレーズですが、実情はかなり違います。

 

自動車担保ローンの被害パターン

インターネットで検索すると被害に遭った人間の体験談が幾つも出てきますが、どれもパターンは一緒です。

 

お金を借りに行くと、『審査に必要だから』と1日だけ車を預けるように言われます。この時点で話が違うのですが、1日だけであればと車を置いていきます。でも、次の日に連絡すると、まだ審査に時間がかかるといった理由などで車を返してもらえません。

 

ここで詐欺と気付いて、契約を解除して車を返してもらう人も少なくないようですが、手数料を取られたりしているので、数日分の利息と合わせて数万円は損をしてしまいます。そのまま契約を続ける人は、もっと悲惨です。返済が終わるまでは車を返してもらえることはなく、少しでも返済が遅れたら、その瞬間、車を売られてしまうようです。

 

業者の狙いは車そのものです。貸し付けすることで車を確保しておきながら、差し押さえるタイミングを図っているという理屈です。

 

本人名義の自動車を、買い取る・担保として預かるというのは合法なのですが、利息制限法以上の金利を請求するなど違法性が高い世界です。君子危うきに近寄らず。自動車担保ローンには手を出さないのが賢明です。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ