『他店で断られた人OK』の金融業者でお金を借りるのは最悪の行為

今は消費者金融からの借金は年収の1/3までという厳格な縛りがあるため、それ以上は借りられません。でも、このままではお金が回らないので、なんとか工面したい・・・

 

そんな切羽詰まっている人の心の隙をつくのが、「低金利」「即日融資」「他店で断られた人OK」という宣伝文句を出している貸金業者です。

 

他店で断られた人OK

 

借りられる先がなくなってくると、救いの手のように感じるかもしれませんが、世の中、そんな甘い話はありません。100%、詐欺ということを最初にお伝えしておきます。

 

こういった言葉を信じてお金を借りると、ますます状況を悪化させることにつながるので要注意です。

 

他店で断れた人に貸せると口にしている時点で、その業者はNG

年収の1/3までしか借りられないというのは、総量規制という法律で定められた融資基準です。国が決めたことであり、金融業者が、それ以上の貸し付けを行うことは禁じられています。

 

この基準は年収の1/3以上借りている家計は返済困難になりやすいという統計データに基づくものなので、逆に言えば1/3までは、どこの業者でも安心して貸してくれます。

 

現在の借り入れ額が年収の1/3未満なのに、追加融資を断られるということは、まずないでしょう。大手銀行のカードローンでも、まず大丈夫です。

 

要は『他店で断られた』というのは、総量規制に引っかかっているからであり、そういった人間に平気で貸し付けるということは、法を守ることを気にしていない業者=ヤミ金業者である可能性が大です。

 

合法的に貸金業を行っている業者であれば、金融庁に登録しています。下記のサイトから登録業者を検索出来るので、まっとうなところであれば出てきますが、あなたが気になっている業者はいかがでしょうか?

http://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/index.html

 

まず出てこないと思います。無届けで活動している業者は当然、違法行為を行っている悪徳業者なので、べらぼうに高い金利をつけてくると思って間違いありません。法的金利で借りた借金の返済にすら困っているあなたが、そんな違法金利の借金を返せるわけはありません。

 

こうなると、どんどん業者から借りる自転車操業しか道はなくなりますが、当然まともな業者が貸してくれることもなく、違法業者に借りることに・・・

 

ここから先はわざわざ言うまでもありません。ドツボにはまる可能性があります。

 

こういった違法業者からの借金に関して返済義務はありませんが、こんなことは知った上で貸し付けを行うので、マンガさながらの取り立てを受けることになります。

 

借金の取り立て

 

こうなると、あなた自身の日常生活にも支障をきたしますし、家族や親戚にも迷惑がかかる可能性があります。

 

借り入れを増やすこと以外の解決先を考えるべき

普通の金融業者からお金を借りられないような状況にあるとしたら、借金という選択肢は捨てるべきです。理由がどうあれ、良い結果にはつながりません。

 

返済が厳しいのであれば、自己破産・民事再生といった債務整理を考えるべきですし、低所得・無所得ということであれば、自治体が行っているセーフティネット貸付を利用するという手もあります。

 

これは、お金に困っている人を対象に低金利で貸し付けを行うことで、生活再建のサポートをするという制度なので、返済負担が重くならない形でお金を貸してもらうことが出来ます。

 

お金の問題については、今の時代、幾らでも解決策は存在します。高金利で貸し付ける違法業者に手を出すというのは最悪の手段です。

 

こんなことをする必要はないということを頭に入れておいてください。

 

下記のページで解決策となりえる選択肢をまとめていますので、あわせて参考にして頂ければと思います。

 

借金問題を相談出来る場所

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ