お金の悩みの正体

お金の悩みというのは、つきつめていくと他人との比較を根っこにした欲です。『私は他人よりも収入が少ない』というのも、他人と比較するからこそです。

会社でリストラにあい、自分の収入が20万円に減ってしまった。こんな状態でも、自分の周りが全員月収15万円しかないということであれば、それほど不幸だとは思わないはずです。むしろ、自分のほうが高収入と優越感を感じたり、自分はラッキーと思って満足するかもしれません。

逆に、自分の収入が50万円にアップしたとしても、周りがそれ以上にアップして、全員80万円となったら、嬉しいとは思えないでしょう。

お金がもたらす幸せ感・満足度というのは、こんなものです。

幾ら収入を増やしても、自分以上の人は幾らでもいますから、比較する癖を無くなさい限り、お金の悩みというのは消えません。

では、この癖を直すには、どうすればいいのか?

他人のことは気にせず、今あるお金でやりくりするという姿勢を身につけることです。これが出来れば、お金の悩みの大半は消え去ります。これは本当です!

生活するにも困るという状態であっても、それが大きな悩みになることはありません。もちろん、生活費が足りないのですから、『なんとかしなきゃ』という気持ちにはなりますが、苦痛を感じるようなことはなりません。

そのため、明るく生活できますし、適切な行動をとれるようにもなります。結果的に経済状態も好転します。

繰り返しますが、これは本当です。自分でも書いていて『ウソや奇麗事のように思われるかな』と感じてしまうのですが事実です。試してみると分かります。

私自身、経験があります。

多額の借金を抱えていた時、他人と比較するのがバカらしくなるくらいヒドイ状況だったので、周りを気にすることはなかったのですが、その時は、結構心が穏やかでした。

幸せとまではいかなくても、不幸に感じたり、悩んだりすることはありませんでした。淡々と毎日を過ごせていたという感じです。

一方、事業がうまく回り出して、収入が増えるようになったとき、これで毎日ハッピーになると思っていたら、そうでもなく愕然としました。

当時は常に『もっと!もっと!』という欲求に踊らされていましたが、それは周りの経営者仲間と比較して、収入額で勝ちたいという見栄からでした。

毎日のように『いくら稼いだ?』みたいな話をして優劣を競っていましたが、今振り返ると、嫌な感じです。満足することがなく、常に何かを追っていました。

こんな状態が2年ぐらい続いて、さすがに『このままではダメだ』と思い、方向転換をして、心のありかたを変えようと努力するようになりました。

それから3年以上経ち、ようやく穏やかな生活が出来るようになりましたが、今の収入は最盛期と比べると1/5程度です。でも、今のほうが毎日幸せです。楽しく暮しています。

お金は無いよりあったほうがいいですし、とても大切なものです。人生を快適に過ごすための道具として極めて重要です。でも、お金では心の満足を得ることは出来ません。これは全くの別問題です。

お金と幸せというのは数学と英語のように別科目です。数学を幾ら勉強しても、英語が出来るようにならないように、お金だけを得ても幸せになることは出来ません。

それぞれ、別々に努力する必要がありますが、できれば幸せになることを優先しましょう。

心理的に満たされた状態で努力すれば、経済的目標は比較的簡単に達成できるからです。

努力すれば経済面を好転させることは決して難しくありません。しかし、毎日不満タラタラで生きていたり、不安を抱えていては、自分の力を十分に発揮することができません。そもそも、努力するだけの気力も沸いてきません。

不幸な状態で努力して結果を出そうとするのは極めて困難です。

精神状態を整えてから努力する。それが結果を出すコツです。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ