贅沢を覚えると、元の生活には戻れない

『お金が足りないので、収入を増やしたい』
『収入を増やせば、お金に困っている生活から抜け出せる』

こんなふうに、収入を増やせば金銭的な悩みから解決されると考えている人は多いと思いますが、実はそうでもありません。

月収20万円の状態でお金が足りないと思っている人は、仮に月収が200万円になったとしても、同じように足りないと思うものです。物欲というのは際限がないからです。

そして物欲を抑えることが出来なければ、入ったそばからお金を使ってしまいますから、全然貯まりません。一般的に高所得者と言われる収入を手にしている人でも、家計は火の車という人は少なくありません。

私が実際に見てきた経験としては、月収100万円ぐらいの人というのは案外お金(貯金)を持っていないものです。これぐらいの金額だと、少し贅沢をすれば、すぐになくなってしまうからです。

家賃20万円ぐらいのマンションに住んで、持っている洋服はブランド品、乗っている車はBMWで、毎週、オシャレな高級レストランで外食。

こんな生活をしていたら、100万程度の月収では足りません。

でも収入が増えると人間、ぜいたくをしたくなるものです。しかも、生活レベルというのは一度味わうと、落とすことが出来ないものです。家賃20万円のマンションに住んでいる人が、もったいないから8万円の部屋に引っ越そうという決断は、なかなか出来ません。

収入が減って、とてもだけど20万円の家賃なんて無理という状態でも、なんとか維持しようとするものです。人間って、そんなものです。

一度味を覚えると、浪費癖はなくなりません。

しかも、面白いもので月収が100万円ぐらいになると、月収200万円、300万円といった人達とも知り合って付き合うようになったりします。

そういった人達は自分より遙かにいい生活をしています。身につけている服や住んでいる家、持っている車、全てが自分のモノよりグレードが高く、そんな人達をみると、自分がみすぼらしくなってきます。

そのため、『もっとお金が欲しい』という気持ちに苛まれます。これって、月収が増える前と全く一緒ですが、なまじっか収入が増えているだけ、焦燥感や欲求というのは、より強くなっています。

月収20万円の時より、100万円の時のほうが不幸だったりします。

これは奇麗事や、お金持ちが嫌みで謙遜するようなことではなく、実際にそうです。自己啓発書やビジネス書に、よく『不幸なお金持ち』という言葉が出てきますが、本当にその通りです。

収入が少ない状態だと、『不幸でもいいから、とりあえず収入を増やしたい』と思いがちですが、実際に『不幸なお金持ち』になると、収入は増えたから良かったなんて、これぽっちも思えないものです。

これは、私の個人的な考えなのですが、お金というのは感情の増幅装置だと思っています。

月収20万円の状態で幸せと思っている人がいれば、その人の月収が10倍アップして200万円になったとき、幸せ度も10倍アップします。

でも、月収20万円の状態で不満たらたら、自分は不幸と思っていたら、月収が10倍になったとき、不満度・不幸度が10倍になります。

不幸が幸せになるというようなマイナスをプラスにする力は、お金にはありません。

同じように金銭的な悩みを抱えていたら、収入の増加具合に比例して、悩みも深くなります。

収入を増やすことと、幸せになることやお金の悩みをなくすことは全く別問題です。お金の悩みをなくしたいのであれば、今の収入の状態でなくせるように努力すべきです。

それは収入の範囲内で生活するということです。収入を増やすことよりも、支出を管理することのほうが重要ということです。これができるようになれば、物欲に振り回されることもなくなります。

『足るを知る』ということですが、これが重要です。

ちなみに、これが出来るというのは、お金を適切に扱えるということなので、こういった人は結果的にお金持ちにもなります。

最後に年収1000万円だけど、カードローンなどで消費者金融から借金をしているなんて人も珍しくありません。それは収入以上の浪費をするからですが、こうなると病気です。なまじっか収入があるだけでに与信幅も多く、あっという間に借金が膨らみます。

最終的に自己破産する人もいます。これがお金の現実です。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ