過払い金請求の可能性を検討する

過去数年にわたり借金の返済を続けているのであれば、返済の手段として、過払い金請求の可能性を検討すべきです。

 

過払い金というのは、本来支払う必要のないお金を貸金業者に支払っていたとき、請求することで返してもらえるお金を指します。

 

過払い金請求

 

借金の金利というのは利息制限法という法律で、下記のように上限が定められています。

 

  • 元本が10万円未満の場合 – 年20%
  • 元本が10万円以上100万円未満の場合 – 年18%
  • 元本が100万円以上の場合 – 年15%

 

しかし、カードローンのような消費者金融では数年前まで29.2%という金利で貸し付けされていました。出資法という別の法律により、年29.2%を超えない限り、刑事罰には問われないとされていたからです。

 

なぜ、こんなややこしい仕組みになっているのか不思議ですが、このように、利息制限法を超えるが出資法には違反しない範囲の利息をグレーゾーン金利といいます。

 

この部分の金利については、借り手が返還を請求すれば取り戻すことができます。既に返済が完了した契約についても同様です。ただし過払い金請求は時効が10年となっていますので、最終取引日から10年以内に請求する必要があります。

 

尚、過払い金というのは、まず元本の返済に自動的に充てられることになっており、元本返済が終わって、それでも残っているお金が借り手に返金されることになります。

 

既に完済している場合には、元金を全額返済しているのですから、必ず過払い金が発生します。

 

現在、返済中の人は、その業者と5年以上取引があるようでしたら過払い金が発生している可能性があります。正確な金額を把握するには細かい計算が必要ですが、個人が計算するのは難しいので、取引期間が長い人は弁護士や行政書士に相談してみることをオススメします。

 

過払い金訴訟に関する注意点

 

尚、過払い金を巡るトラブルとして、訴訟手続きの代行を依頼した弁護士や司法書士から多額の報酬を求められて、結局負担額が増えてしまったといったことが発生しているので、専門家に依頼するときには注意してください。

 

必ず、事前に報酬についての確認をとり、納得したうえで依頼することが大切です。こちらのページ『借金問題に強い弁護士・司法書士の選び方』で信頼出来る専門家を見極めるポイント指摘していますので、参考にしてください。

 

そういった悪徳弁護士・司法書士は、金融業者とまともに交渉することなく、相手の言いなりで和解してしまうこともあり、本来返ってくるはずだったお金を逃すことになります。そのうえ、多額の報酬を請求されるのですから、割に合いません。

 

この被害を防ぐには、複数の弁護士・司法書士に相談して、話を比較することです。そうすれば、おかしなことがあれば、すぐに気付くので引っかかることがありません。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ