【過払い金を請求するとブラックリストに載る】は間違い

過払い金請求を行うとブラック扱いになる

過払い金請求についてネットで検索すると、こんな話が出てくることがありますが、現在、その心配はありません。

つい最近まで、これは事実でした。過払い金請求による借金の完済は債務整理とみなされ、信用情報に履歴が残るようになっていました。

債務整理とは本来、破産や倒産・民事再生など、借金を返済できなくなった状態に、その状態を整理するための行動を意味しますが、なぜか、過払い金請求も債務整理の形態とされていました。

信用情報に債務整理と記載されれば立派なブラックです。

そのため、ブラックリストに載ることを心配して、実際に行動を起こさない人も多く(私も、そうでした)、そういう状況の改善のためなのか、『過払い金請求の履歴は個人信用情報に当たらない』という金融庁の見解が2010年1月発表され、4月19日施行されました。

2010年4月19日以降の過払い金請求は個人信用情報に登録されず、記録上はわからなくなります。

過払い金請求によるデメリットはなくなったということです。

ただ、専門家の間では、過払い金請求をした人は、その後カードローンのような消費者金融から、借り入れを行うのが難しくなるのではという話がでています。

信用情報には契約変更と記録されても、業者がみれば過払い金の請求を行ったということは推測できるからです。(あるとき、急に借金が完済されるというのは履歴として目立ちます。)

過払い金請求をした事実がわかれば、要注意客と目星をつけて、融資の審査を厳しくするという理屈です。

だからと言って、過払い金請求をやめるという理由にはなりません。払いすぎたものを返してもらうという過払い金請求の趣旨を考えると、どんな状況であれ、請求は妥当だからです。

ただ、現実的な考えとしては、仮に過払い金請求で戻ってくる金額が、たいした額でない場合、今後も借り入れを行うことを予定しているのであれば、審査に通りやすくするため、あえてやめておくという選択肢も出てきます。

今後、消費者金融を二度と利用することはないという人であれば、全く問題ありませんが、今後もお金の融通を利かす手段として利用することを考えている人は、過払い金請求のメリットとデメリットを比較して、検討することをオススメします。

この点については、弁護士や行政書士に相談しても、彼らの立場からすると『請求しましょう』という結論になりやすいので、自分自身で考えるべきです。

その場合、まず過払い金請求をすることで、どれくらいの金額が返ってくるのかという見込みを計算すると、判断材料になるでしょう。まずはここからです。

ちなみに、既に完済した人が過払い金請求をした場合、個人信用情報には何も記録されないため、金融業者が過払い金請求の事実を知る要素は全くありません。

なんの影響もありませんので、安心して過払い金を請求してください。

最後に余談ですが、借金を返済したとしても、浪費癖があって、また借りてしまいそう。でも、それは避けたい。こんな人は今後の借り入れをしにくくするために、返ってくる金額はたいした額でなくても、過払い金を請求するという選択肢もあります。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ