信頼出来る弁護士・司法書士の選び方

債務整理を決断したとすれば、真っ先にやるべきことは手続きを依頼する法律家を選ぶことですが、弁護士・司法書士もピンキリです。

 

弁護士と司法書士

 

やっつけ仕事で片付ける人もいれば、債務者のことを心から気に掛けてサポートしてくれる人もいます。手続きをお願いするのであれば、後者のような人にすべきなのは言うまでもないことです。

 

債務整理というのは、理屈だけでは真の解決に結びつかない要素も多々あります。法的手続きだけを機械的に進めるようなやりかたでは、結果的に債務整理は出来たとしても、あまり状況改善に役立たなかったという結果になりかねません。

 

 

下手したら、手続き費用がかさんで、何のために依頼したのか分からないということにもなってしまいます。

 

では、どんな人に依頼すればいいのでしょうか?

 

相談者の家計面(今後の返済原資に無理はないか?これからの子どもの教育費は?など)や気構え、生活設計、人間関係など全体を捉えようとする人です。そして、状況に合わせた適切な法的手段をアドバイスしてくれる人です。

 

頼りにならない専門家の特徴

 

逆に依頼すべきではないのは、依頼者が『任意整理をしたいんです』と言った時、状況確認をせず『分かりました』と手順や費用の説明に入るような人です。

 

 

一見、要望を素直に受け入れているように見受けられますが、債務整理というのは複雑なことなので、依頼者が考えている手段が正しいとは限りません。誤った選択をすることも多々あります。

 

 

本当に依頼者のことを考えている人であれば、適切な判断を下せるようにアドバイスをしてくれるものです。

 

 

法律家に依頼する時には事前に相談に行くのが流れです。相談の場で相手と言葉を交わせば、その人が信頼できるのかどうか見極めることができます。

 

 

少しでも不安に感じることがあったら、契約するのは止めておきましょう。今は債務整理手続きを代行してくれる法律家はいくらでもいます。自分が信頼出来る人を選ぶべきです。

 

弁護士と司法書士で費用は違う?

 

債務整理は弁護士と司法書士に依頼することが出来ますが、費用に違いがあります。弁護士会、司法書士会が出しているデータによると、司法書士のほうが若干安いようです。

司法書士報酬データ

http://www.shiho-shoshi.or.jp/about_shiho_shoshi/remuneration/index.html

任意整理 約1社2万円
自己破産 約15万円
個人再生 約20万円

 

弁護士報酬データ
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/attorneys_fee/data/guide.pdf

任意整理 約4万円+圧縮額の10%
自己破産 約30万円
個人再生 住宅ローン特約なし 約30万円 住宅ローン特約有 約40万円

 

あくまでも平均値なので、事務所によって違いがありますが、一つの目安として参考にして頂ければと思います。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ