自己破産をすべきか? 判断の目安

自己破産は債務整理のなかで最も有名な手段ですが、実情については、あまり知られていないような気がします。

 

自己破産というのは、債務整理の手段としては唯一、借金の支払いが免責される『精算型』です。特定調停、自己再生といった他の手法は債務整理後も返済を続ける『再建型』です。(借金総額を減額するための手段です。)

 

自己破産は一定以上の資産は没収されるなど、厳しい条件がついています。99万円以下の現金であれば保有できる、資産価値20万円以下のモノ(車など)も保有できるなど、当座の日常生活に必要なものは所有できますが、この基準を超えた資産はマイホームも含めて手放さなければいけません。

 

要は100万円以上の資産は持てないということですから、ほぼ無一文です。ゼロから再スタートしたいという人が選択する手段と言えます。

 

本当に借金まみれになって、現金もたいした資産も持っていないという人であれば、自己破産をしても、ダメージを受けることはありません。

 

しかし、マイホームなど、大きな資産を持っている人にとっては、自己破産は最適の選択肢とは言えません。カードローンや消費者金融からの借金だと、せいぜい数百万円程度だと思います。その程度の債務を免除してもらうために、大きな資産を手放すというのは、決して割の良い取引ではありません。

 

もちろん、返済の余裕がある人にとっても、自己破産は見返りの少ない手段です。借金を抱えていると余裕などないと思われるかもしれませんが、特定調停などを利用して残高を減額すれば、全く問題なく返済出来るという可能性もあります。

 

安易に自己破産という選択肢に頼らないことです。

 

自己破産の目安

 

自己破産の目安は、自分自身の返済能力と照らし合わせて判断します。

 

具体的には、家計の収支をチェックして、返済に回せる金額を計算してください。そして、3年分でどれくらいになるか計算します。1ヶ月3万円だとしたら108万円です。

 

借金の残高が、この金額を下回っていたら再建型、上回っていたら自己破産を選択すべきというふうに考えてみてください。

 

ただし、特定調停・自己再生といった再建型の債務整理手法をとれば、借金の元本が減額されることもあり、その場合、借金残高が返済能力を上回るものであったとしても、再建型で対応できる可能性もあります。

 

もう一つの目安は自分の資産と借金の額を比較して、どちらが上回っているかです。仮に賃貸マンションに住んでいて、貯金が100万円あるという人は全資産が100万円です。そういった人が300万円の借金をしている場合、差し引き200万円のマイナスなので、自己破産をしたほうが得という判断になります。

 

逆に貯金が200万、車好きで高級車を持っていて、それが売却すれば150万円にはなるという場合、資産価値は350万円になります。この場合、300万円の借金をしているとしても、差し引き50万円のプラスなので、自己破産を選択するのが損という判断が出来ます。

 

一般的には、自己破産すれば借金がチャラになるということで、楽出来るようなイメージがありますが、決してそんなことはありません。

 

再建型で楽になるのであれば、自己破産のデメリットを考えると、こちらのほうがいいです。まずは再建型で対応できるのかどうか、可能性を探ってみてください。自己破産は最後の選択肢と捉えたほうがいいです。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ