自己破産者は業者に狙われる?

自己破産をしたら債務から解放されて無事解決と思われている方が多いかもしれませんが、ギャンブルやショッピングなど、浪費が原因で借金を重ねた人の場合、非常に要注意です。

悪徳業者(闇金業者)に狙われる可能性があるからです。

 

自己破産者

 

債務整理をした人は、免責許可決定の確定日から7年以内の免責申立ては、原則として認められません。債務整理をした人が再度借金をした場合には、そう簡単に借金返済の義務から解放されることはないということです。

 

例外はありますが、よほどの理由でなければ無理です。単なるお金の使いすぎといったことでは100%無理です。

 

7年目以降の申立てについても、一度目と同じ理由では無理です。一度目と事情が違うということであれば、認められる可能性はありますが、一度目と違って厳しく精査されます。

 

債務整理は一生に一度の切り札というふうに捉えていたほうがいいのですが、こういった事情を逆手にとるのが悪徳業者です。

 

人の弱みにつけこむ悪徳業者

 

浪費が原因で自己破産する人間というのは、その癖を簡単に無くすことはできません。なまじっか債務の重みから逃れられただけに、また甘い考えが出てくることもあります。誘惑に弱い状態であり、そこにつけ込んで貸し付けを行い借金漬けにさせるのが悪徳業者の手口です。法的に対処することが無理なので、どんどん借金は膨らみます。

 

一度自己破産した人間が、また浪費が原因で借金を作ったとなれば、世間一般的にも冷たい目で見られ、支援を受けにくくなります。結果、家族や親類を巻き込む形で本人が苦しむことになります。

 

この悲劇を防ぐには、周囲の人間が目を光らせることです。本人にとっては病気のようなもので、どうすることも出来ません。家族や知人が強制的に借金の誘惑から遠ざける必要があります。

 

あえて借金を残す

 

もう一つの手段は、自己破産を選択せずに再建型の債務整理を選択することです。再建型であれば、毎月の返済は続くので、借金の苦しさを忘れずに済みます。こうすることで、多少なりとも本人に意識付けをすることができます。

 

借金というと、一度解決すれば終わりというふうに考えられていますが、実はその後に、より大きな苦労をするという人が少なくありません。あまり表沙汰にならないことですが、これが現実です。

 

債務整理をしたら、それで円満解決ということではありません。その後の人生とも、しっかり向き合うことが大切です。月並みな話ですが、債務整理をした後も長い人生を送ることになります。二度と借金の泥沼にハマらないように、生活態度・考え方を改善しておかなければいけません。

 

是非、このことは頭に入れておいてください。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ