安易に自己破産すると大きなダメージを受ける

以前、次から次へと借り入れを行い借金を増やしていた時、心の片隅では『いざという時には自己破産すればいい』と考えていました。

 

自己破産

 

一度であれば、どんな理由であれ自己破産は出来る。自己破産すれば借金から解放される。自己破産のデメリットといってもクレジットカードを作れなくなったり、ローンを組めなくなるぐらいで、別にそれほど困らない。

 

こんな考え方をしていましたが、その後、自己破産という制度に対する知識が増えるに連れて、そんな安易なものでは無いということに気付きました。

 

債務の免責という大きなメリットを得るだけに、それなりに厳しい見返りがあります。たとえば下記のような感じです。

 

    <自己破産者が受ける制限>
    ・裁判所の許可なく引っ越しや旅行をすることができない
    ・公私の資格(弁護士や公認会計士など)や就職(会社役員、保険会社社員など)に制限がかかる
    ・債権者からの給与の差押えにより、勤務先に自己破産の事実が知られてしまい、退職せざるを得ない状況となることもある

 

最後は特に現実的な話です。自己破産をしても他人にバレルことはないと言われていますが、現実的には、上記のような形で漏れてしまうことは普通です。

 

そして、自己破産者ということが明らかになると、周囲から冷たい対応をされることも普通です。会社を辞めさせられるというのも珍しくありません。法的には自己破産者だからといって職を失うということはないはずなのですが、法律と現実は違いますよね。

 

まして人の気持ちや評価など、法律うんぬんでどうこう出来ることではありません。 表向きのキレイな話と裏の現実とは違うということです。

 

単純に言えば、自己破産者ということで信用を失います。これはその後の生活にダイレクトに響いてきます。こういった現実を考えると、安易に自己破産を選択するのは危険です。最後の究極の手段として捉えていたほうがいいと思います。

 

債務整理を検討するにしても、最初は特定調停、個人再生といった再建型の手段に目を向けるべきでしょう。

 

 

自己破産が認められないケース

 

当たり前の話ですが、自己破産というのは、借金の返済を続けるのが不可能というのが前提です。一定の財産がある場合にはダメです。持ち家があれば、任意売却されるか競売にかけられます。

 

自己破産者が持てる財産は99万円。それ以上の資産があれば、借金返済に回されますし、その場合、自己破産申請が却下される可能性が高いです。財産を残しながら、借金をチャラにするといったような、甘い話はないということです。

 

また、自己破産を決意した時には、その瞬間に借り入れを止めてください。まだ限度額があるからといって借りるのはNGです。返済出来ないことが分かっていてお金を借りる行為は免責不許可事由に該当するため、自己破産が認められなくなります。

 

場合によっては債権者を騙す行為としてみなされ、詐欺罪になる可能性もあります。

 

もし、破産前に現金を確保しておくために、借り入れを考えているのであれば、その心配は無用です。自己破産が決定した時の財産を処分するのが自己破産の手続きなので、決定日の後から入ってきた収入は全て自由に使えるので、自己破産後の生活には支障が起こりません。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ