債務整理後、ローンを組むことは出来る?

債務整理後、ローンを組むのはちょっと大変です。債務整理を行った場合、融資元となった各金融機関は、加盟している個人信用情報機関に『ブラック登録』を行います。ブラック扱いとなっている間は、まず融資を受けることは出来ません。クレジットカードを作ることも無理です。

 

個人信用情報機関は、金融庁の指導で最大5年間(ブラック登録登録開始日から)情報を保存して、各金融機関からの信用問い合わせに回答することになっています。そのため5年間は、融資を受けることがまず100%不可能です。

 

債務整理

引用元)CIC:CICが保有する個人情報

http://www.cic.co.jp/confidence/posession.html

 

 

では、5年経過すれば、信用情報が真っ白になり、ローンが組めるようになるのかと言うと・・・

 

そうは甘くありません。債務整理に応じた金融機関は独自の顧客情報を持ち、グループ各社で情報を共有・活用します。

 

この顧客情報はずっと保存されるものなので、債務整理で被害を与えた金融機関及びグループ会社からの融資は、まず期待出来ないと考えたほうがいいでしょう。

 

被害を与えた金融機関及びグループとは全く関係のない金融機関であれば、個人信用情報機関のブラック情報が消えた時点で融資を受けることも可能となると思います。

 

一つの目安としては、銀行系クレジットカードを申し込んでカードが発行された場合は、融資の可能性があると判断して間違いないです。

 

ちなみにブラック情報は5年経過しても、その時点で借金を完済していなければ再度5年間、登録が延長されるので要注意です。

 

債務整理中に融資するような消費者金融業者は相手にしない

インターネットで検索すると、債務整理中でも融資をしてくれる業者の情報が公開されていますが、まずやめておいたほうがいいです。

 

全く聞き覚えがないような小さな業者ばかりですが、正直、どんな会社なのかサッパリ分かりません。下手をしたら闇金とつながっている可能性もあります。下手に手を出したら火傷をします。

 

しかも、一度債務整理を行っているだけに、今度は法的に助けてもらうことは出来ません。(闇金業者であれば最初から違法行為をしているので、法律も何もないのですが・・・)

 

あなた自身の印象も悪くなり、一度は助けてくれた人からも自業自得と見捨てられるかもしれません。

 

そもそも、借金が原因でこういった事態に陥ってしまったのですから、安易に同じことを繰り返さないことです。

 

金融公庫から融資を受けることは出来る?

最後に補足情報ですが、融資を受けることが出来る金融機関は民間だけではなく、国民金融公庫、住宅金融支援機構のような政府系金融機関もあります。

 

借金完済後、安定収入があり、かつ公共料金を滞りなく支払っているといった実績があれば、こういったところから融資を受けられる可能性があります。金利、返済条件(返済期間、毎月の返済額)も民間の金融機関より緩やかに設定されているためです。

 

ただし、弁護士のような債務整理者を何人も見てきたプロに言わせると、どんな理由があれ、一度債務整理をした人間が再度借金をすると、またドツボにはまってしまうケースが多いので、融資は最後の手段にしたほうがいいということです。

 

こうやってみると、債務整理というのは認められた権利ですが、実際に使用すると社会的信用度は限りなくゼロになります。世の中甘い話はありません。こういった状況に陥らないように、最善の注意をしましょう。

 

最後の手段として、やむなく債務整理を行うのは仕方がありませんが、安易な逃げ道としては考えないことです。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ