免責不許可事由~知られていない自己破産に関する真実~

自己破産をすれば借金を払わなくて済むというのは、法的に言えばちょっと違います。

 

正確にいえば、裁判所に免責を認めてもらうと、借金を支払わなくても済むということになります。免責というのは『債権者が借金の返済を求められなくなる法的効果』です。

 

免責というのがポイントなのですが、債務者が申請をすれば、裁判所が何でも認めてもらえるかといえば、それは違います。

 

裁判所は借金をした理由に注目しますし、その理由によっては免責を認めないケースもあります。

 

免責

 

免責が認められない理由

 

  • ギャンブル
  • 投資・投機行為
  • 飲食代などの交際費
  • 遊興費
  •  

    これらは免責不許可事由と言い、こうした理由で借金を増やしてきた場合、免責が認められないケースもあります。その場合は当然、借金を支払い続けなければいけません。

     

    ただし、生活態度を反省して、少しでも借金を返済をしたり、貯金を積み立てるといった自助努力をすることで、免責が与えられることもあります。法的には『裁量免責』と呼ばれるものです。

     

    今は多重債務が社会問題となっており、債務者が続出しているので、国も本格的にサポートする姿勢になっており、その影響もあり、本来であれば免責不許可事由にあたるケースでも、一度であれば自己破産が認められるようになっています。

     

    反省の色が全くない、態度がふてぶて過ぎるといった裁判官の心証を悪くすることがなければ、まず通りますので大丈夫です。逆にいえば、申請が通らなかった時には、よほどあなたに反省すべき点があるということなので、そこをよくよく考えてください。

     

    二度目の自己破産

     

    免責が認められると、その後7年間は免責の申し立てが出来ません。では、7年経てばいつでも、もう一度自己破産が申請出来るのかといえば、それはNOです。

     

    一度、免責が与えられた人間に対する見方は厳しくなるので、免責不許可事由にあたる原因であれば、今度は間違いなく却下です。

     

    それ以外の原因でも病気で働けなくなったといった生活保護が認められるような状況でもない限り、まず免責を受けられることはありません。

     

    自己都合による自己破産は人生に一度きりと思ってください。

     

    金融業者もお金を貸してはくれない

     

    そもそもの話なのですが、自己破産してから7年間はブラックリストに載ることになるので、消費者者金融業者でも、お金を貸してはくれません。貸し倒れの可能性があるのですから当然です。

     

     

    ブラックリストに載っている人間に貸すのは闇金業者ぐらいですが、闇金に手を出したらどうなるかというのは、わざわざ言うまでもないと思います。甘い話はないということです。

     

    ただ、この厳しさが逆に良くて、この7年間で借金癖を治して更正したという人は多いです。大変かもしれませんが、人生をやりなおす格好のチャンスであるとも言えます。

    債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

    管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

     

    債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

     

    杉山事務所司法書士法人杉山事務所

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    最近のコメント

      このページの先頭へ