キャッシュフロー

多重債務というのは借金を重ねた結果ですが、これは借金に頼り続けた結果とも言えます。こんな状態に陥らないようにするには、毎月のキャッシュフローを常にプラスに保てるように意識することです。

 

キャッシュフロー

 

キャッシュフローというのは、現金の流れを示す指標です。入ってきたお金が40万円、使ったお金が35万円であれば、キャッシュフローはプラス5万円です。

 

自分が所有している現金が増えたらキャッシュフローはプラス、減ったらマイナスです。これを1ヶ月単位でチェックして、マイナスになったら収入と支出のバランスが崩れている証拠と思ってください。

 

常にお金を増やせるようになる

 

キャッシュフローをプラスにするというのは、毎月1円でもいいから貯金の額を増やすという意味でもあります。こんなふうにしていれば、借金に悩まされることはないですよね。

 

お金の流れを、こまめに確認することで、借金体質に陥ることを防げます。

 

このサイトでは、何度もお伝えしていますが、多重債務になる人は、いきなり借金を抱えたのではなく、1万円・2万円と小さな額を借り続けた結果、債務を膨らませてしまうというのが共通パターンです。

 

『これぐらいの金額だったらいいや』という油断が出発点です。

 

キャッシュフローを意識することで、この感覚から逃れることが出来ます。ぜひ、注意を払うようにしてみてください。

 

意志力が必要です

 

キャッシュフローを意識するのは、自己管理能力を高めることにも役立ちます。本気で、これを実行しようとすると、お金を使う誘惑を押さえなければいけません。

 

浪費癖がある人ほど、これは大変です。大げさな言い方をすれば地獄です^^ たばこやお酒の禁断症状のように辛いものがあります。

 

お金を使うというのも常習性が強く、かつ油断すると、どんどん強くなっていくという特徴があります。一度、使う額を増やすと、そこから減らすのは大変です。

 

深い部分で、人間の欲求と関連しているのかもしれませんが、それだけに金銭を管理する能力を身につけることは、自己管理能力を伸ばすことにもつながります

 

これは人間的に大きく成長出来るということも意味するので、取り組む価値があります。

 

自己管理能力

 

私自身、収入が減った時、支出を減らすことにチャレンジしたことがあります。『こんなことが出来るか』、『どれも必要な支出だよ』と、減らすことに対する抵抗が強く出たのですが、それを乗り越えると面白いように、減らすことが出来ました。

 

そのおかげで、収入が回復した時にも、むやみに使うことが無くなり、お金を大切に思う気持ちも出てきて、有意義にお金を使えるようになりました。自分にとっては、一生モノの経験であり、お金に困っている人には、ぜひチャレンジして頂きたいなと思います。

 

大変ですが、それだけの価値があります!

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ