副業の始め方:本業に負担をかけない範囲で始める

副業を始める時には、あくまでも本業に負担をかけない範囲内で取り組むのが基本中の基本です。これは、副業をゆくゆく本業にしようとしている時であっても同様です。本業は今現在の生活を支える重要な柱だからです。本業がマイナスになったら副業も何もありません。全てがおかしくなります。

 

収入を増やしたい、成功したいという目標があったとしても、それらは今をしっかりしてこそです。土台を固めて安定させたうえで取り組むべきということを頭に入れておいてください。

 

ちなみに、本業にもキチンと取り組んでとなると、副業に割ける時間は少なくなるでしょう。環境としては厳しい条件です。しかし、その条件で結果を出すように努めてください。特に独立することを考えている人であれば、尚更です。

 

人並み以上の収入を得ようとしたら、当然人並み以上に仕事をこなす必要があります。当たり前の話なのですが、高収入をとれる人というのは、人より仕事が出来る人です。ビジネスマンとしての能力を高めることが必須条件です。

 

そういった意味で、本業と副業を両立させることぐらいのことも出来ない人では、他人より高い収入を得るのは不可能です。

 

正直、本業と副業の両立というのは決してレベルの高いことではありません。高収入を得ている人というのは、もっと大変なことをしています。これぐらいは出来て当然と思ってください。

 

ちなみに、そのためのヒントですが頭を柔らかくすることが重要です。

 

実は経営者や自営業者からすると、サラリーマンの人が副業をやるのであれば、『まず、これをすればいいのに』ということがあります。大半のサラリーマンは『こんなこと無理』と言うことなのですが、何かお分かりになるでしょうか?

 

それは、残業をなくすということです。本業の仕事を工夫して、今より短時間で仕事を終えられるように態勢を整えます。これは自分の仕事とスケジュールをキチンと管理することであり、基本中の基本です。

 

『残業をしないと白い目で見られる』という会社もあるかもしれませんが、これも工夫です。今までより30分早く会社を離れるというように、周囲を刺激しないように少しずつ変えていく、またそういった行動を通して、自分が会社の雰囲気を変えていきます。

 

これはコミュニケーションスキルでもあり、リーダシップスキルでもあります。これらも自立して働くうえではなくてはならないスキルです。

 

実践するには『こんなことは無理』という自分自身の固定観念を変える必要もありますが、これは自分の殻を破ることになり、自己成長につながります。本業を積極的に自分で管理するという姿勢は、自分のなかの様々な能力を磨くことにつながります。是非意識してください。

 

収入をあげたい、成功したいという人にとっては副業を始めたり、独立するよりも、最初にやるべきことです。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ