マイホームは負債

10年ぐらい前、日本に投資ブームを巻き起こした1冊の本がありました。『金持ち父さん、貧乏父さん』という本です。記憶に残っている人も多いと思いますがベストセラーとなり、それまでビジネス本を読んだことがないような人でも、この本だけは読むというような1冊でした。

 

『金持ち父さん貧乏父さん』がキッカケで、人生に対する考え方が変わったという人は少なくないと思います。

 

当時、この本の内容で特に取り上げられたのは『マイホームは負債』という考え方でした。これまでマイホームを持つことは資産形成のうえで重要なことと捉えられていましたが、その考え方を真っ向から否定したのが『金持ち父さん貧乏父さん』でした。

 

ただ、シンプルに考えると、金持ち父さん貧乏父さんの内容は極めて納得です。資産=お金を生み出すもの、負債=お金がなくなるものと定義、マイホームは住宅ローンの金利や修繕費など維持するために、お金が消えていくので負債という捉え方です。

 

これが賃貸不動産として貸し出して、維持費以上の家賃収入を得ているのであれば資産ですが、マイホームは別物という話です。

 

私は、この話とは別にマイホームは負債だと思っていることがあります。それは、いざという時、大きな借金に変わる可能性があるということです。

 

毎月10万円の支払いがある住宅ローンを組んだとします。住宅ローンを組む時、よくある話は『賃貸で10万円払っているのであれば、それを住宅ローンの支払いにすれば、自分の家を持てる』ということです。

 

納得する人が非常に多い話ですが、私は危険な発想だと思っています。10万円払い続けられる保証が、どこにもないからです。数年後、収入が落ちて10万円の支払いが出来なくなったとしたらどうなるでしょう?

 

賃貸であれば、より安い部屋を探して引っ越せばいいだけです。敷金・礼金や引っ越し費用等、急な出費となりますが、金額的にはせいぜい数十万円といったところなので、どうにかなります。でも住宅ローンの場合には、こうはいきません。支払いが出来なければ持ち家は差し押さえを受けます。

 

これは家を失うことを意味しますが、それだけで済めば御の字です。家は競売にかけられることになりますが、売値が住宅ローンの残高に満たないことがあり(というより、今の時代、まず下回ります)、その場合、残額を返済する義務が残ります。家を失ったうえに借金を抱えるわけです。

 

マイホームを持つというのは、こういったリスクを背負うということです。家賃を住宅ローンに回してトントンというのは、数十年後先の話です。これだけ変化が激しい時代、今と同じ状況が数十年続くという発想自体がナンセンスです。

 

個人的にはマイホームのような高額商品ほど、一括で買えるぐらいの余裕がない限り手を出すべきではないと思っています。税金の問題があるのでローンを組むのはいいにしても、いざとい時には、ローン残高を一括で返済するぐらいの余裕があってしかるべきです。

 

お金持ちになるための基本は貯金ですが、お金を貯めるには無理な出費をしないことが基本です。自分の収入の範囲内で暮らすということです。マイホームは自分の数十年分の収入にあたる買い物なのですが、この点でいえば分不相応です。

 

ちょっと変わった考え方ですし、絶対に正しいとは自分でも思えないのですが、でも頭のどこかで、こんな発想をしてもいいのではと思います。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ