リボ払い専用カードは作らないほうがいい

最近、リボ払い専用カードを設けているカード会社が増えてきています。リボ払い専用というのは、毎月の支払い額を利用額に関わらず、一定の金額で固定するカードのことです。一括払い、分割払いはありません。

 

毎月、決まった額を返済するということで、返済負担が大きくならずに済むというのがカード会社が一様にして口にするメリットですが、この言葉を信用すると痛い目を見ます。

 

普通のクレジットカードと比較すると、利用額は同じなのに、カード会社への支払い額が遙かに高額になったなんてことにもなりかねません。要注意です。

 

リボ払い専用カードで損する仕組み

リボ払いには金利が発生します。手数料という言い方をされてはいますが、実情は借金をしたときの利子と一緒です。しかも料率は高額、年利15~18%で設定されているカードが大半です。

 

しかも、ここがくせ者なのですが、仮に利用額を翌月に全額返済したとしても金利が発生します。たとえば、5万円利用して、翌月に全額支払ったとします。この場合、金利が18%だとすると、手数料は年間9000円。1ヶ月だと、その1/12なので750円となります。

 

たかが750円と思われるかもしれませんが、普通のクレジットカードであれば、1円も発生しないお金なので丸損です。

 

さらに、これは計算を分かりやすくするために、翌月に全額支払いという仮定にしましたが、リボ払いの金額を5万円で設定するという人は、そうはいないと思います。

 

毎月の返済額を抑えたいと思う人が利用するものなので、1万円ぐらいで設定するのが普通ではないでしょうか。

 

そうすると・・・・

 

  残高 手数料
1ヶ月目 5万円 750円
2ヶ月目 4万円 600円
3ヶ月目 3万円 450円
4ヶ月目 2万円 300円
5ヶ月目 1万円 150円
総額   2250円

 

こんな計算になります。バカにならない手数料ですよね。

 

さらにさらに!!

 

カードを使う人は、今月使って、次に使うのは半年後なんてことはありえません。毎月のように頻繁に使うのが普通なので、そうなると元金も減りません。手数料という金利を払い続けることなります。これでは大損です。

 

カード払いにするとショッピングポイントがつくからお得なんて思い、公共料金をカード払いにしたりしたら、毎月ポイント分を上回る手数料が発生することが決定です。いかに理屈に合わないことか、おわかりになると思います。

 

クレジットカードを作るときには、内容を注意して!

もちろん、これがカード会社の狙いなので、リボ払い専用カードのほうが、いかにもお得というようなPRをしています。

 

この間、凄いなと思ったのが年会費の設定です。

 

最近は、一般カードでも年会費を取るようになってきました。年間1500円ぐらいが平均的ですが、あるカード会社のラインナップを見ると、普通カードの年会費が1250円なのに、リボ払いカードだと500円になっていました。

 

750円安くなるのでお得に見えるのですが、この年会費は一定額以上の利用をした年のみに適用という条件となっており、その額を利用すれば、リボ払いの手数料が750円以上になるという仕組みでした。

 

ちなみに一定額に達しなかった時の年会費は通常カードと一緒です。リボ払い専用カードを作ってもらったほうが、利用額に関わらず、カード会社は得をするということです。

 

こういったカラクリもあります。よくよく注意しましょう。

 

基本的にはリボ払い専用カードは作らないことですし、浪費を防ぐためにもカードは一括払いにしたほうがいいです。それがショッピングからの借金を作らないコツです。

債務整理をする人にオススメの管理人イチオシ司法書士事務所

管理人は現在、杉山事務所に債務整理の依頼をしています。杉山事務所は過払い金請求の実績が全国一の事務所なのですが、とても親切で頼りになります。最初に面談をした時点で、『この事務所なら大丈夫とホッとしました。

 

債務状況が分からなくても、即座に調べてくれるので、何がどうなっているか把握していない人でも安心です! 債務整理は代理人によって結果が大きく違ってくるので実力がある人にお願いするのがベストです。

 

杉山事務所司法書士法人杉山事務所

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ