「カードローン活用法」の記事一覧

カードローンの借り換え

借金返済の手段としてカードローンの借り換えというのは有効な手段です。これまでよりも金利の安いところへ切り替えれば、毎月の返済額も少なくなりますし、トータルの返済額も減ります。   金利は借入額が多ければ多いほど低くなるの・・・

カードローンの口コミ情報に要注意

カードローンの口コミ情報を参考にして利用する業者を決めたい。こんなふうに考えているのであれば、注意が必要です。利用経験のない人間が適当に体験談や感想を書いてあることが少なくないからです。むしろインターネットで検索して出て・・・

カードローンを使い続けたいのであれば完済しない

借金をしたら返す。これは当たり前のことですが、一度借り入れをしたカードローンを、将来もう一度使う可能性がある場合、わざと完済せずに借り入れを続けたほうがいいかもしれません。     昔、私は借金を全額返済した消費者金融A・・・

おまとめローンの審査に通る4つのポイント

複数の金融機関からの借入金を一本化出来るおまとめローンは、よほどのケースでない限り、毎月の返済額が減り、返済負担が軽減されます。返済相手が1社だけになるので、返済する手間も減り、楽になります。   メリットが大きい『おま・・・

借り続けることで金利が優遇される

『少しでも低い金利でお金を借りたい』 カードローンで借り入れを考えている人にとっては、これが本音だと思います。借入額が数十万円となると僅かな金利差が返済額に大きな影響を与えますから当然のことです。 昔はカードローンの金利・・・

本気で借金を返済しようと思ったら『おまとめローン』 | カードローン活用ガイド

借金が膨らんでしまったが、心を入れ替えて、これから本気で完済を目指したい そう思ったら、最初に考えることは『おまとめローン』の利用です。おまとめローンというのは、銀行が多重債務者に対して低金利で融資を行っているローン商品・・・

『おまとめローン』を利用することで、損する1つの可能性

もし、あなたが数年前から消費者金融の返済を続けている場合、おまとめローンの利用を考えるまえに、必ず1つだけ確認しておくべきことがあります。 それは、今までに支払った返済額がどれくらいになるかということです。 過去数年にわ・・・

金融庁に指摘された『おまとめローン』の問題点

おまとめローンに関する、こんな記事がありました。 『おまとめローンに問題あり 地銀頭取、金融庁から警告受ける』 内容としては、金融庁に対して『(銀行のおまとめローンを借りたのに)かえって負担が増えた』、『銀行で借りたのに・・・

おまとめローンは総量規制の対象外

おまとめローンは総量規制の対象外(例外)となるケースが大半です。 まず、総量規制の対象となるのは貸金法で定められている貸金業者(消費者金融業者や信販系カード会社)であり、銀行は対象外です。つまり、銀行のおまとめローンは総・・・

一時的にお金を借りるだけなら、無利子期間が設定されているカードローンがオススメ

『怪我をしてしまって、治療費が必要』 『急に帰省しなければいけなくなったけど、交通費がない』 こんなふうに、緊急避難的にお金を借りるのが目的であるならば、無利子期間が設定されているカードローンを利用するのがオススメです。・・・

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ